地球温暖化とは笑わせるワタミとマクドナルドの低迷

2015年08月13日

痩せる術は全部ウソ

よく「筋トレで基礎代謝を増やして痩せる」なんて言われますが、そんなのやっても痩せませんよ。人間の体に占める筋肉の割合なんて3分の1以下ですから。そもそも人間は、少しの食べ物でガッツリ動けるように数億年かけて進化してきたわけで、簡単にやせるわけないんです。

基礎代謝というのは生きていくための活動で、主に内臓活動のことです。内臓の活動が活発だと基礎代謝が上がって痩せるということになりますが、消化器30%、大脳16%、腎臓6%、骨格筋25%と言われていて、少々筋肉をつけても25%の部分にしか作用しません。

だったら脳の動きを活発化させ、胃腸に負担をかけない生活をするほうがいい。摂取カロリーを減らすことも大切ですが、運動をして消費カロリーを増やして実質代謝を増やすほうが、基礎代謝なんて簡単に変えられないものを鍛えるより効果的だと思うのです。

絶食=ファスティングが流行ってますが、食べ物を食べないということは摂取カロリーがゼロになる。しかも胃腸を休ませることになるので、基礎代謝の30%を占める器官の調子が劇的に良くなる。あとは、その上で頭を使う作業をすれば痩せるはずです。

中国人は脂のいっぱい使われた食事をして、胃腸を守りながら食事することが日常になっています。そして冷たい飲み物を飲まない。これは胃腸の働きを最大化することに有効で、しかも最後に暖かい中国茶を飲んで、胃腸の油を洗い流します。これも効果的。

私はジョギングやってますし筋トレもやりますが、こんなので痩せるなんてことはないです。有酸素運動は呼吸器系に良い作用があるでしょうが、それよりも頭がすっきりして朝から仕事がバリバリできることのほうが、痩せる方向に効果があると感じてます。

何よりも重要なのは姿勢。立っている姿勢や座っている姿勢を整えるだけで、脳も内臓も活動が活発化します。骨盤ダイエットなんてのがありますが、あれも姿勢ですよね。姿勢を正して柔軟運動をしっかりやれば、きっと痩せると思います。

そんなわけで、世の中にある痩せる術の大半はウソとか都市伝説でしょうねえ。サプリメントにも燃焼系と代謝系ってのがありますが、どれ飲んでも痩せないっすよね。今までチャレンジして来た経験でいうと、どれも大した効果ないと感じてます。

gq1023 at 04:37│
地球温暖化とは笑わせるワタミとマクドナルドの低迷