2015年08月08日

平和祈念式典

069d8b12.jpg原爆が落とされたという表現は、ほんの少し時間軸がずれていれば、原爆を落としたと言われていたかもしれません。偶然アメリカ軍が先に原爆を実戦投入できただけで、日本も同じ爆弾を開発していたからです。

日本は圧倒的に劣勢でしたから、原爆を大量投入できても優秀なパイロットと爆撃機を特攻攻撃で失っており、その核弾頭が国内で燃えていたかもしれません。

今年の8月6日広島は、広島vs阪神戦がおこなわれました。すべての阪神選手が広島に宿泊していたと思いますが、その中にはマートンと言う外国人選手もいました。

その外国人選手は、いつものように早起きして、いつものようの選手全員での体操の後、いつもと違う場所へ足を運んだようです。その場所は、どの日本人もその日にその地にいればいくべき場所、そう平和祈念公園でした。

カープ選手全員が「HIROSHIMA86」と書かれたユニフォームを着用する試合の朝、しっかりと広島の人々とその自国が行った卑劣な攻撃と、その攻撃を受けた人々の悲しみに接したマートン。

タイガースとカープのどの選手も参加しない中、マートンが自発的に参加したことこそ、すべてのメディアが取り上げてもいいトピックだと勝手に思っている私です。

gq1023 at 08:33│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字