安保法案のポイントが不明瞭2015年の鈴鹿8耐を終えて

2015年07月31日

中村紀洋という生き方

2c167efd.jpg中村紀洋という野球選手がいます。本当に生意気でフロントやコーチ陣と仲良くできず、無駄に時間を過ごしていて、昨年には横浜DeNAベイスターズで懲罰降格を受けた後、契約更改されず本日中にどこかの球団から獲得の打診がないと、今シーズンを棒に振ります。

そもそも彼が入団した近鉄という球団は自由なチームで、各自が勝手なことをやりまくるチームでした。そんなわけで野茂さんも無理を言ってメジャーに行くわけですが、中村選手も問題発言を繰り返しながら2005年にポスティングでドジャースに移籍しました。

そして鳴かず飛ばずの結果で日本に帰国。拾ってもらったオリックスではケガだらけ。そのまま契約してもらえなかった時に、当時の落合監督が育成枠で契約して中日入り。ところが失礼な発言は治らず問題もおこしつつ、2度目のFA資格を取ると平然とFA宣言。

FAで楽天に移籍して1年目はダメだったが2年目には規定打席に到達する129試合に出場するも契約更改されず。翌2011年の5月末に横浜から誘いを受け入団。2013年には名球会入りしたのに、それでも口が悪い性格が治らず、現在に至っています。

アホですよね。もったいない。人間はいいし、野球には一生懸命だけど一言多い。黙ってればいいのに、いらないこと言って逆鱗に触れ放出される。チームスポーツでも生き方が分かってないんですかねえ。

でも僕は彼の生き方が大好きです。所詮選手。だけど「俺がいなかったらダメだぜ」と勘違いして調子ぶっこいて上司にコメント発するわけですよね。サラリーマン時代の自分がそうでした。

どこのチームでもいいので、口が悪い癖はあると思いますが、誰か今日中に打診して欲しいなあ。2015年にプロ野球チームのユニフォームを来ているノリの姿を見たいと願っている私です。

gq1023 at 08:00
安保法案のポイントが不明瞭2015年の鈴鹿8耐を終えて