遠足はおうちに帰るまでが遠足です安保法案のポイントが不明瞭

2015年07月29日

飛行機事故の報道がおかしい

今回、小型機が住宅地に墜落した事故についてですが、どう考えても単純な事故でないことは明らかです。なのに、誰か犯人捜しをしているような報道が行われており、さらに小型機を運営している会社へ、警察による家宅捜索が行われました。

飛行機事故の検証は、同じような事故を再発させないことを主眼として行われます。そうでなければ、事故の詳細な原因究明が困難になるからです。

事故機はパイパーPA46の350Pですから、今も製造されている現役機種です。エンジンは協力で何の問題もないはず。たかだか5人が搭乗して5時間分の燃料を入れて最大離陸重量に近かったからといって、そんなもんで墜落しませんよ。

航空評論家とか元パイロットもはっきり言ったほうがいい。小型機ですから、機長は乗客の体重を見た目で判断して、左右の座席にバランス良く座らせます。明らかに傾きがあると思ったら、座席位置の変更をさせるんです。

映像を見る限りちゃんと離陸してます。機体は傾いてないし、低いとはいえ高度も取れてる。ただ右側の車輪が格納できず途中で止まってます。本来の離陸経路と異なるサッカー場の上を通過してるということは左旋回してる。右の車輪が出てるのに左旋回ですから、まあ曲がりにくかったことでしょう。

エンジントラブルじゃないですかねえ。出力不足でしょ。離陸して早々にパワーを失ったとしても、どこか空き地を見つけて不時着するわけで、こんな形で目の前の住宅に突っ込むなんて考えにくいですよ。グライダーみたいに滑空できますからね。

右側の車輪が格納できなかった。これはものすごい空気抵抗です。なのに左に旋回した。さらに激しい空気抵抗を受けたと思われます。そもそもエンジンパワーが本来の出力に達しなかった。もしかしたら離陸速度が不足してたかもしれません。

管制官のいない空港なんで、トラブルの連絡もできなかった。それにしても失速するかなあ?離陸ってそんなに難しいことじゃないわけで、助かった乗客も複数いるわけですから、ちゃんと事実を積み重ねて本来の事故原因を究明してもらいたいと思います。



gq1023 at 09:25│
遠足はおうちに帰るまでが遠足です安保法案のポイントが不明瞭