ギリシャ破綻か!?スマホの故障

2015年07月10日

いじめ問題解決の難しさ

岩手の中学2年生が鉄道自殺で亡くなった件。担任に提出していた生活記録ノートに、その陰惨ないじめの様子が克明に記されていたと報道されています。

そしてメディアはそれを大々的に公表し「これを放置した教師が悪い」という一方的な世論を作りだし、徹底して悪いのは教師であり学校であり教育委員会だという方向に向かっています。

メディアは必ず悪役を探し、その悪役を徹底的に叩くことを仕事であるかのように行動しますが、全紙&全局が同じ話題を取り上げ、同じ論調になるのは異常に思えます。

いじめ問題で重要なことは、「担当教師はクラスにいじめがあることを認識していた」「クラスには加害者と被害者と加害者を黙認する人がいる」ということであり、いじめるヤツが悪いと一方的に怒っても、後で「お前ばらしたな!」となって、より悲惨ないじめになるわけです。

川崎で中学1年生の男の子が殺された事件がありましたが、あれは彼を擁護する仲間が「いじめをやめろ」と加害者にクレームした事が発端で、「チンコロしやがって」と言って首を切ったとされています。つまり、いじめというのは簡単に解決できない。

同級生の中に加害者と被害者と黙認する多数の者がいる。

これがいじめ問題の奥深い点であり、いじめているのは決して典型的な悪いタイプではなく、通常はそんなそぶりを全く見せない優等生タイプが多いことも、非常に物事を難しくしています。

SNSでクラスの裏サイトを作り、「明日から○○を無視しようぜ!」なんて書き込みをすることから一気に進むいじめ。今のいじめは昔ほど簡単ではありません。

ただし、この件は学校の先生は道義的問題はあるかもしれませんが、根本はいじめた生徒です。ちゃんと法律で「暴行傷害致傷」という犯罪が定義されている以上、中学生にも適用されるべきで、暴行を目撃したのに通報しない同級生は「犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪」なんです。

教育委員会なんて攻撃する意味あります?中学校の担任なんて、朝礼と終礼と担当科目授業の時しかクラスの生徒と向き合わない。朝からずーっと一緒にいる小学校と違うのです。そんなの細かく対応なんてできません。

とくにテレビの扱いがひどい。もう少し根本的にいじめが根絶できるよう、加害者と被害者という視点で、今いじめをしている人への抑止効果と、今いじめられてる人への希望を与えられる番組づくりをしてもらいたいと思います。

gq1023 at 07:20│
ギリシャ破綻か!?スマホの故障