台湾の爆発事故非常に興味深い外務省のページ

2015年06月30日

全日本ロードレース選手権の榎戸育寛選手

8d55de5e.jpg先週日曜日は全日本ロードレース選手権のSUGOラウンドでした。ST600に参戦中の榎戸育寛選手は17歳の高校2年生。過去2大会も上位フィニッシュでしたので、表彰台が期待されるラウンドでした。

はじめてのコースなんで事前テストで転倒。今回も初日のフリー走行で転倒しました。予選序盤で転倒したらえらいこっちゃです。しかも予選は雨。走った事ないコースを雨で走る事になりました。結果はポールポジション争いを演じ、予選4番手ゲットでした。

そして迎えた日曜日の決勝レース。なんとスタートでトップに立つと3周もトップで周回。しかし4周目に転倒してしまいました。

あのね、人生で全日本ロードレース選手権のトップで周回できる人なんて何人もいませんよ。ましてや高校生ルーキー。はじめてのコースで大したもんです。

彼と出会ったのは昨年ですから高校1年生の筑波選手権。ST600クラスに誰よりもコーナーへの新入が深く、バンク時間が誰よりも短い選手でした。その後筑波の最終戦でもう1回見て確信してフェイスブックで友達申請しました。

昨年の鈴鹿のNGK杯では、トップ争いしてましたが自分より明らかに速い選手が来ると1周目の130Rであっさり前を明け渡し、無理しないレース運びに惚れ込みました。

ただ、「ワールドクラスになれる逸材だ」と叫ぶも周囲に相手にされず、本人には「2015年は金銭的に地方選すら無理」と言われ、モトバムさんには「手一杯」と言われ八方ふさがり。ほぼ今年はレースすることも無理と言う境遇でした。

ただね、無理やりダダこねたんです。そしたらモトバムの岡部店長が「まあやってみますか」と走らせてくれたんですよ。1戦、2戦と連続入賞。すっごいヤツです。

3戦目の今回は、決勝でも数周とは言えトップを走行。トップ転倒もコース復帰して完走して24位でした。いいなあ、光ってるなあ、お金があればアジア選手権とか行かせたいなあ。

とはいえ3戦連続で活躍したので、今後はちゃんとした体制を用意していかなければいけません。でも私にはお金がないのです。そうスポンサー活動しなきゃいけない。夢と未来のある若者にチャンスを与えるための投資です。だけど、簡単には資金なんて集まらない。

海外で走りこみと言っても、渡航費用に滞在費が必要です。高校生なんで1人で行かせるわけにもいきません。うれしい悲鳴ではありますが、これからが大変です。どなたかスポンサーご紹介いただける方がおられましたら、ぜひお教えくださいませ。

gq1023 at 06:04│ バイクレース(含む8耐) 
台湾の爆発事故非常に興味深い外務省のページ