朝まで生テレビと国会ギリシャの話しは日本にもきっと来る

2015年06月28日

個人リスクという視点と賠償

よく普通の出来事なのに自治体や施設管理者を相手取っての損害賠償請求って話しがありますよね。ちょっといつも抵抗感あります。だって、世の中には個人リスクってのが存在してますよね。怪我したら運営側の問題ってのは乱暴ですよね。

だって、自転車乗ってるのだって危険な行為でしょ。小学生の頃に階段飛びってやってましたが、10段飛びなんて危険行為そのものでしたよ。普通に歩いていたって危ない。

歩行中に交通事故にあって死亡しても「歩道を整備してれば死ななかったって」裁判しないですよね。イベント会場に大量に人が押し寄せて警察や自治体が裁判で批判されるってのは抵抗感あるんですよね。だって、人が集まる所に行けば、圧死リスクあるもん。

自分の考え方がおかしいのかなあ?いちいち訴訟になってたら花火大会なんてできないし、コンサートだってできない。

生きてるって事自体がリスクなわけで、そのためにリスクマネジメントとして生命保険をかけてるわけだから、個人リスクは個人で背負う準備をすることの大切さを、もっと生命保険各社がアピールすべきだと思います。

gq1023 at 06:07
朝まで生テレビと国会ギリシャの話しは日本にもきっと来る