ホンダの新しいバイク「RC213V‐S」は2190万円!情報の共有化と見える化

2015年06月15日

飲酒運転による不幸な事故がなくならない

警察官による不祥事で一番多いのが酒気帯び運転でしょ。こんな組織が取り締まってるんだから、そりゃあ飲酒運転なくならないっすよ。運転者の呼気からアルコールが検出されても自動車って運転できるようになってる。そりゃあ、飲酒運転なくなるわけがない。

居酒屋に駐車場があるのって、地方では当たり前です。だったら夜取り締まりやってるのが当たり前でしょ。やってないじゃん。交通安全週間とか飲酒運転集中取締りの時しかやらない。

警察官の酒気帯びは、他の一般市民より重い罪にするべきでしょ。一発懲戒解雇で罰金500万円とかね。取り締まる側の意識も変わらなきゃいけない。

私も昔は飲酒運転してましたよ。家族ができて子供もできて変わった部分も大きいですが、なんといっても道路交通法が厳しくなったのが大きい。前夜に飲酒してても出るんでしょ。厳罰って効きますよ。さらに視覚的に飲食街の目の前で取り締まりやってたら運転しないもん。

自動車メーカーも、アルコールが出たらエンジンかからない装置とか、酒酔い運転や居眠り運転を感知したら警告を発する装置とかつければいいじゃん。銃や大砲よりも自動車が一番人を殺してるでしょ。空気汚しながら人をひき殺してるわけでしょ。

飲酒運転してなくても事故っておきるじゃないですか。飲酒運転ならそりゃあ事故になる。分かりきってることだったら、もっと厳しい取り締まりやるべきです。

そもそも、夜間は視認性が落ちるのに車両の速度はアップしてるでしょ。危険だらけですよ。スピード違反だってガンガン夜間に取り締まればいい。国会議員もアホみたいな論議してる間があったら、こういう分かりやすい所にも手を付けるべきだとおもってます。

gq1023 at 04:55│
ホンダの新しいバイク「RC213V‐S」は2190万円!情報の共有化と見える化