日本人は税金に関する知識が無さすぎる川崎市は冷静に現実を見直すべき

2015年05月21日

交通安全運動中に事故おこす感覚が分からん

昨朝の豊中の事故ですが、全面的にドライバーが悪い。スクールゾーンで登下校時は自動車の通行は禁止。だけど通ってたわけですよ。交通安全運動中だから、いつも旗振りしてる人だけじゃなく、もっと旗振りいたでしょ。

地元の人だから分かってたはずですよ。分かって強引に突入してるんでしょ。常習じゃないですか?もしかしたら警察官もいたかもしれない。それ見て焦ってミラー見てたら子供にぶつかって、音にビックリしてブレーキ踏んだつもりがアクセルだったと。

右折しかできない状況で、目の前にいる右折待ちの車を強引に抜いて行って、その時に子供の列にぶつかって、そのままガーっと車止めまで突っ込んでる。かなりオラオラ運転です。

私も旗振りしてましたが、いるんですよスクールゾーンに入ろうとするヤツ。入れませんと言っても強引に入るヤツ。強引って時点で事故起こす可能性満点ですからアウト。「デイサービスなんです」とか「いつも通ってるんで」なんて理由にならねーよ。

こんなのカメラ付けて全部取り締まればいいんですよ。国会で法整備して、警察がちゃんとやればすぐ解決する。日本は交通違反に対して寛大すぎるんです。オーストラリアだったら、町中にカメラがあるから速度違反なんて10km/h超えたら確実に反則切符来ます。

信号だって全部の信号が赤になる全赤の時間が4秒もある。だから黄色でアクセルオンって人が多い。結果として危ないことになる。

細い道路でもセンターラインひいてるから道幅があるように見えて、結果的にスピードが上がる構造になってる。

上り坂で遅い車を抜くために追越車線をつくるならわかるけど、登坂車線という遅い車を左に寄せて、また後で遅い車を元の車線に戻す変な車線をつくってるから危なくて仕方ない。

交通安全運動期間中は、メディアも企業も徹底して交通安全の啓蒙啓発に取り組むべきでしょ。違反車両は徹底して取り締まるべきでしょ。

小学生の列に突っ込むなんて最悪じゃないですか。もっと取り組みが意義あるものになるよう、交通安全運動の仕組みを変えて欲しいと思うとともに、ドライバーに厳罰を課すだけでなく、自転車を含めた全車両を扱う人々の心に、安全運転の意識を植え付ける努力を図って欲しいと思います。

gq1023 at 07:09│
日本人は税金に関する知識が無さすぎる川崎市は冷静に現実を見直すべき