これが隠ぺいじゃないとしたらバカ社長じゃねーか日本はなぜ謝罪しなければならないのだ

2015年05月10日

モナコ出張

5cecc962.jpg今回はモナコに出張に来てます。だからといって特別なことはありません。国内の出張と同じように、到着したらスーツを脱ぎ、しわになった部分にアイロンをかけ、宿泊に必要な衣服をワードローブに入れ、仕事の準備をして寝るだけです。

到着した翌日に市街地に開設されたサーキットでレースを見たら、その翌日には岐路につきます。仕事が終われば帰るのが原則ですから、当たり前のことです。

その時間のない中でウロウロして、ちょっと食事もしたりして、いろんなことを経験して知識にしていきます。観光ガイドがついて案内してくれることもありませんし、自分で事前に予習していたことしか分からないので、出たとこ勝負で行けば、ただあたふたしてるうちに時間は過ぎます。

なんか人生と一緒ですよね。熊本にオートポリスってサーキットがオープンした時、2日ごとに漫才師を連れて行く仕事がありました。道路もない車もないインフラが全然できてない。宿舎は牧場併設のペンションでしたし、最初に渡された車は救急車でした。

だからといって仕事はやらなきゃいけない。とにかく1日が終わるとスーツにアイロンをかけ、翌朝になるとまた漫才師を連れて行くという仕事でした。思えば、それを何日も何年も繰り返してるうちに、家でアイロンをかけてくれる人が出てきたり、漫才師を送迎してくれる人がついて来たり、漫才師が大物タレントや文化人になっていったんでしょうねえ。

モナコって、トールマンF1が走ってた時代以来です。久々なんですが、まあヨーロッパだから何も変わってないと思ってます。自分が何も変わってないように。

gq1023 at 05:17
これが隠ぺいじゃないとしたらバカ社長じゃねーか日本はなぜ謝罪しなければならないのだ