チャージ文化の新時代社会人になって数年が重要

2015年05月07日

江守グループホールディングスの倒産

福井で上場企業と言えばセーレンですよね。実は渋谷の屋外広告看板の半分近くを買いきってたりして、繊維以外でも結構な規模の活動をしてます。ちなみに東京の鉄の会社トピー工業も屋外看板いっぱい買いきってます。

余談はさておき、福井で東証1部に上場している江守グループホールディングス株式会社が民事再生法の適用を申請しました。従業員47名となってますが、持ち株会社に昨年移行したためです。東証1部ですから大したもんです。

それにしても、2014年3月期の連結が年売上高約2089億円ですよ。それで4月に持ち株会社制に移行したんですが、今年の2月に中国子会社の未収案件が回収できないのではないかとなり、そのまま決算報告がノビノビになって、460億円超も特別損失出して一気に債務超過です。

まあ売上の大半を中国で稼ぐ企業が、中国市場で赤字を出して撤退ですから、潰れるのは分からないでもないですが、こういう急な倒産は、投資家側からすると迷惑でしかないですね。見通しが甘いんじゃなくて、帳簿に問題があるわけでしょ。そんなの分からない。

今年は1月にスカイマークが倒産してるので、倒産2社がどちらも東証1部上場企業ということになりました。東証1部上場ってのが世界で危ない会社と思われないように、ちゃんと証券取引所でも調査して審査する仕組みを導入するべきだと思います。

そもそも、自己資金で会社回せるなら上場しないわけでしょ。利益があれば独り占めがいいっすもんね。ようするに投資家から金集めて経営するってこと自体が不健全だと思いますけどねえ。あくまで個人的な意見でした。


gq1023 at 07:26
チャージ文化の新時代社会人になって数年が重要