レーシングバイクのセッティングから学ぶ人間関係老舗パチンコ台メーカーの倒産

2015年04月20日

今年の8耐は大変だ

「2015全日本ロードレース選手権 第1戦リザルト」にあるように、今年の全日本ロードレース選手権が開幕しました。今週末は九州のオートポリスで第2戦が開催されます。第1戦はJSB1000クラスだけでしたが、今週末は全クラス開催です。

それにしても、予選は2分7秒台以上が続出。トップ勢のレースラップも7秒台でした。ここに出ている人々が8耐に出てくる。今年は久々に有力チームが大挙して8耐に出てくるでしょうから、我々のような事前のレースにも出ず、ぶっつけ本番の人々には苦しい戦いです。

表彰台がスズキ・ヤマハ・カワサキでしたからいい感じですね。こうなると盛り上がる。藤田拓哉選手のドクターストップ欠場は残念でしたが、いい感じです。

ホンダ勢には厳しいレースでしたねえ。だってヤマハとカワサキはワークス体制。スズキはヨシムラですからね。それに対してホンダ勢は、開発の終わった古いワークスマシンとキット車ですから大変です。それにしても、2分10秒出さないといけないってのは大変だなあ。

全日本のオートポリスが終わったら、すぐ8耐準備です。あー気が重たいなあ。

レーシングバイクのセッティングから学ぶ人間関係老舗パチンコ台メーカーの倒産