飲食店で従業員相手にケンカするなレーシングバイクのセッティングから学ぶ人間関係

2015年04月18日

コンビニで働くって意味

d9f6565e.gif昨日友人から「うちの息子がコンビニでバイトしてるんだけどつまんないと言ってる」という話しを聞きました。感動しましたよ。それはすごい!だって、つまらないレベルまで実施できてるってことでしょ。それは脅威です。

コンビニって日本の物流と流通をコンパクトにまとめた超高レベルのノウハウが凝縮された宝箱です。人生の中で、ここでバイト経験があるかないかで、大きく世界が変わるほどのレベルのものです。分かって働けば興味深い場所ですが、さらりと流せばさらりと流れていく。

例えば物流。「日配品」って知ってます?こんなのコンビニバイトは当然のものですが、意外と知らなれてないものです。要するに毎日配送が必要なもの。牛乳やパンがそうですよね。豆腐や納豆もそう。冷蔵のチルド配送や冷凍もある。

これがね、数時間おきに配送されてくるんですよ。どんな荷姿で送られて来て、どうやって店舗に入荷して、どうやって店頭に並べられるか。レジにはどんな情報を入力して、どうやって在庫の処分をするか。どうやって商品発注をするかなどが全部凝縮されてる。

新商品が出てきますよね。でも出てくる前に棚はいっぱいじゃないですか。新商品が出てくるってことは、整理される商品もあるってことです。棚落ちというのですが、それがどんな周期で消えていくのか?どうやって新商品が用意されるのか?そんなことが分かるわけです。

郵便切手や年賀はがきだって売るし、電気料金や税金の収納代行もやる。ATMの運用も目の前で見られるし、コピー機のメンテナンスだってやる。宅配受付もやりますよね。ゴルフクラブならこの袋とか、受付時の箱のサイズの測り方とかも覚えられる。すごいですよ。

おでん用意したり、から揚げ作ったりもできますよね。ミニストップだったらお弁当だって店内調理しますよ。まいばすけっとなんて生鮮食料品も扱うから、ほぼスーパーマーケットだけど、小規模だから鮮魚とか生肉なんて分かれてないんで全部できる。

本もセルビデオもCDも売れるし、JANコードと呼ばれるバーコードの事も分かる。レジは売上を入れるだけでなく、年齢・性別・人数まで入れられる。来店客の特性に応じて商品を決める仕組みだからです。

これ、メーカーで働くようになったら強いでしょ。どんな荷姿だと現場はありがたいのか。どんなものが現場で求められてるのか。そんなことまで分かるんですよ。

物流で働いたら、どんなトレーやパレットで運ぶのが良いのか。どうすれば運び終わったトレーを小さく収納できるのか。そんなことまで気がつく人間になれる。

若い時は、どんなに小さく見えるアルバイトでも、お金をもらうシビアさも感じられるのとともに、その喜びも得られる。しかも働くことがノウハウの蓄積になる。そういう意識を若い頃から持たせられる学校教育や家庭教育ができる国になればいいなあと思ってます。

gq1023 at 07:07│
飲食店で従業員相手にケンカするなレーシングバイクのセッティングから学ぶ人間関係