なんのために予算成立が遅れたのかアシアナ航空の広島空港着陸失敗

2015年04月16日

原発再稼働差し止め判決に規制委員会会長の反論が最低

福井地裁が、関西電力高浜発電所3,4号機の運転を認めない仮処分を出したニュースは記憶に新しい所ですが、原子力規制委員会の田中委員長が反論してます。この反論のレベルが低い。田中さん、去年からどうしちゃったんでしょうねえ???

そもそも、原子力安全委員会の田中さんは「「原子力発電所の新規制施行に向けた基本的な方針(私案) http://www.nsr.go.jp/data/000047352.pdf」ではっきり書いてます。

「新規制の施行段階で、設計基準事故対策及びシビアアクシデント対策(大規模自然災害やテロに起因するものを含む)」

「規制の基準を満たしていない原子力発電所は、運転の再開の前提条件を満たさないものと判断する」

ってね。しかも新しい安全基準が施行されてから建設された原発はないから、現存する原発は運転できないはずなんです。これは司法の判断としては当然のことですよね。しかも地震だけじゃなく、日本の場合は噴火したり台風が来たりという危険もある。

田中さんって思いっきり原子力村の住民ですよ。全電源喪失にならないって言ってた側の人。喪失した今でも「あれは不運です。今後は大丈夫」で通るわけないじゃん。

私は原発再稼働賛成派ですよ。だけどシビアアクシデントを想定した避難訓練すらやってないのに、平然と「大丈夫だから再稼働Go」ってやる人間の気持ちは分かりません。

まあ、日本の学校に通って、日本の大学出て、その後はずーっと原子力村の村民やってるわけで、そんなのが客観評価できるわけないのですが、司法の判断に対して「間違ってる」とか「アホです」って言うのは、ちょいとばかりおつむの弱い70歳ですな。

要するに「旧建築基準法で建てられた建物は耐震構造にしなさい」って方針に対して、「旧建築基準法で建てられたけど問題なし」って言ってるわけです。そりゃあ通らない。基本的構造に対してクリアにしなきゃいけない。普通に考えて分かるでしょ。

今の規制が「相当厳しい規制をしてる」って自画自賛してます。アホだねー。そう言われて「裁判長もそう思うよ田中さん」って言われると思ってるんですかね?国際的に高いレベルだという言い訳が通用すると思ってるんですかね?

じゃあ質問。「原発の真下で火山が噴火しても大丈夫?」って事に対する答えってあります?「想定している地震の規模がすごいから大丈夫」って発言に対する客観的事実はあるの?東日本大震災の地震による直接的被害って少なかったんですが、分かってますかねえ?

物理学者さんだそうです。ほー理系ですか。どうりで負け犬の遠吠えがへたくそなわけだ。勝つために静かにすることができないのね。記者会見が設定されたら、学者の思ったことをペラペラ話す。アホじゃん。

あのね、正式な回答はこんな感じですよ。「司法の判断は非常に重いと考えております。私共の説明と規制強化の事実が認められるよう努力するとともに、今後より一層の安全性向上へ向けた努力を図りたいと思います」って言うべきなんですよ。

「私たちはちゃんとやってる。理解できない司法はダメだ!」って言って解決できるわけないじゃん。相手は文系ですよ。そんなの分かんないのかねえ?

まあ、民主党政権下でできた規制委員会ですから、こんなの信用できるわけないのですよ。ちゃんと現政権下で原発再稼働に対する客観的取り組みができる、さすがに50代までの会長を求めます。

gq1023 at 06:50│
なんのために予算成立が遅れたのかアシアナ航空の広島空港着陸失敗