アメリカのエンタテイメント性についてオープンとクローズ

2015年04月08日

松本人志さんの「路チュー」発言に納得

今年の3月15日に放送されたフジテレビ「ワイドナショー」という番組の中で、みうらじゅんさんが「路チューってのがね、路上だから路チュー、空中とか水中だっていいとおもうんですよ」とか言ってたのが面白かったんです。それで番組全部見ちゃった。

しかも、松本人志さんとか東野幸治さんも出てるのに、「ホテル行く前に辛抱たまらなくなるんですか?野外プレーの一種なんですか?」って質問をサッカー解説者の前園真聖さんにしてるのも良かった。前園さんの「興奮するんでしょうねえ、抑えられない」って回答も良かった。

国会議員のみなさん。路チュー質問するなら、こういう面白いこと言って欲しい。当事者をさらし者にするのアホでしょ。会社にいる不倫カップルが路上でキスしてたからって、役員会に当事者呼んで「なんでキスしたんだ!」ってやらないでしょ。謝罪必要!?

その中で、ダウンタウンの松本人志さんが本人の言い訳についてすごい案を提示してました。「こんなキスの仕方しないとか、酒に酔ってたとか言わず、好きですって言ったらええのに」「好きだからキスしちゃったんですって言ったら終わるんちゃうの?」ってね。

うーん、それ言われたらもう家庭内の問題になるから、国会でどうこう言える話しじゃなくなりますよねえ。「誰にも迷惑かけないから、そっと好きにさせといてください」って事でしょ。これ言われたら絶句ですな。

昔も政界失楽園とか言う話題があったのですが、国会議員にもなって朝から夜まで動いてるのに、家に専業主婦がいて、帰宅した瞬間に「トイレの電気消えてなかった」とか言われたら、同じ議員やってる苦楽を共にする仲間を好きになるのは分からないでもない。

だって法的に離婚って制度もあって、不倫ってのも山ほど存在してて、毎日損害賠償請求だの財産分与だのって話しをワイドショーでもやってる。政界であってもおかしくない。ミョーに納得したのを今さらながらに思い出しました。

最後に、松本さんが「この人たちを僕は嫌いにならないですね」とまとめたのですが、みうらさんが「ディープなのか?ってのもありますけどね」とぶち壊して終わったのが印象的名番組でした。国会議員さん、これ参考にして国民に興味を持たれる国会にしてください。

gq1023 at 07:13
アメリカのエンタテイメント性についてオープンとクローズ