なぜ金を払っても従業員を解雇できないのか?石巻に行って来ました!

2015年03月28日

分かりにくい言葉をなんとかしてくれ

michi今日、サッカー日本代表はチュニジア代表と国際親善試合です。それはいいのですが、その話題に中に出てくる言葉が変。だって「フィジカルの強化」って言ってるのに「決定力不足の解消」なんて言ってる。

フィジカルって体力でしょ。いつからこんな分かりにくい言葉になったのでしょう?フィジカルの強化って「海外勢に負けない体を作る」ってことでしょ。

「決定力不足の解消」って二重否定っすよね。「マイナスかけるマイナスでプラス」っていう超日本的発想。「得点力アップ」ってことですよね。分かりにくいっす。

「メンタルの強化」とか「勝つイメージづくり」ってのもそうですよね。だめだと思った瞬間だめになる。相手より劣ってると思った瞬間負けてしまう。だから、相手より強いと思う心をつくり、格下の相手に対しておごらない気持ちを作り、どんな劣勢時でも勝てると思う。

経営の世界でも、「コアコンピタンス」(=中核的かつ象徴的事業)ってのが話題となって、シャープの液晶とかソニーのテレビとか三洋の太陽光発電って感じで進んでたのですが、全部だめになっちゃいました。

そこで「リストラクチャリング」(=利益至上主義)が台頭してきて、「コアコンピタンスをリストラクチャリング視点で見直してストラテジックプランニング(=戦略的企画)する必要がある」なんて、もはや何を言ってるのか分からない状況になってます。

広告主が訳が分からないと、広告関係者も同じようになるわけで、ストラテジックプランニング部とかできて、ストラテジックプランナーなんて人が出てくる。まあ昔の企画部でプランナーですよ。別に長い英語にしたからって、英語が話せるようになるわけでもないしね。

日本国内で流通する言葉を使いましょうよ。伝わらないっすよ。言葉って伝わらないと意味がないでしょ。「松下幸之助氏の言葉(pdf)」のほうがよっぽど伝わる。「常に世間は正しい」なんて言葉に、今も感動している私です。しっかりせんかい日本人。しっかりせんかい日本語。

gq1023 at 05:29│
なぜ金を払っても従業員を解雇できないのか?石巻に行って来ました!