人の上に立つという経験の重要性トヨタがIOCワールドワイドトップパートナー契約で韓国は?

2015年03月18日

戦後70年を経てやっと戦闘機を開発

b751e634.jpg昨日の報道にあった、
「政府、国産ステルス戦闘機「F3」開発へ 戦後初、エンジン製造にめど」
にあるように、いよいよ国産戦闘機の開発にめどがつきました。

戦前は世界有数の航空機産業と技術を持っていた日本。しかし第二次世界大戦で敗戦したことで、必要以上の圧力を受けます。とくに日本の自由を認めないアメリカの意向によって、国産戦闘機の開発は禁止され続けて来ました。

今の日本は、アメリカに占領されているいるわけでも植民地化されてるわけでもありません。アメリカ軍に駐留を依頼しそのコストを全額負担しています。植民地って統治費用は統治国が腐乱しますから、今の日本は要するに植民地以下です。

しかも、すべての見積額がバカ高い。アメリカに過剰に請求されて着服されてるわけです。兵器もそうで、アメリカの2倍以上の価格で共通装備品を買わされています。

今年のうちにジェットエンジンを開発し、純国産のステルス戦闘機を開発する予定だそうです。すごいですねえ。やっと支援戦闘機じゃなく主力戦闘機の開発ができるのです。

戦後スキームからの脱却って、こういうことも含めてですよね。空母だって自国で開発&運用すべきですよね。国産空母に国産艦載機が搭載されるという当たり前のことが、将来当たり前にできる次代が来ることを祈ってます。

gq1023 at 07:12│
人の上に立つという経験の重要性トヨタがIOCワールドワイドトップパートナー契約で韓国は?