たばこを吸う人のマナーについて戦後70年を経てやっと戦闘機を開発

2015年03月17日

人の上に立つという経験の重要性

私、高校時代に生徒会長ってのをやりまして、それは高校2年生の6月に就任して3年生の5月までやるのですが、選挙演説って全校生徒が集まる所でやるんで、そこで歌をうたえば全校生徒に歌が聴かせられると思って、ギターの友達とふざけて持ち時間いっぱい歌ったんです。

結局当選しまして、すべての学校の先生と卒業前の3年生に「ふざけたヤローだ!」って思われる生徒会長になったわけですが、実力も能力も備わってないし、そもそも生徒会長のやるべきことが分ってないことは自分が一番分ってる。

だけど、全校生徒合わせて1400人近くいるんです。教職員はせいぜい50名。生徒は全員が生徒会員で生徒手帳を持ってる。その手帳には生徒会規約がしっかりと書かれていました。

「生徒全員を生徒会員とする」「生徒会には生徒会役員を置くこととする」「各クラスは最低1名の生徒会執行委員を設置」「各クラスで生徒会議を実施」「各クラスで挙げられた意見は、全クラスの生徒会執行委員が参加する生徒会執行委員会で討議」そんな感じ。

要するに、会社や労働組合と同じことが書かれてる。生徒会長は生徒一人ひとりの意見に耳を傾け、個人の意見を好き勝手に言うのではなく、組織代表として生徒から挙げられた意見を学校側や教育委員会に伝える役割なわけです。ぜんぜん知らなかった。

これ、今だにいい経験になってます。周囲の副会長や書記って人は「会長」ってチヤホヤしてくれるけど、しょうがないから手伝ってくれてるだけであって、ちゃんと生徒の意見を吸い上げて学校側に伝えなきゃいけない。伝われなければ教育委員会に訴えないといけない。

PTAなんてしょせん親なんで役に立ちません。授業も受けてないし学校生活も送ってない。生徒会担当の先生にも目をつけられたけど、自分の意見じゃなく組織の意見だからなんとも思わない。学校に依頼する内容は、教育委員会にも上程してました。

ようするに1年生も3年生も生徒会長も同じ会員なんですよ。会長ってのは、自分の意見を押し殺してでも組織全体が良い方向に向かうように考えないといけない。失敗の責任は負わなきゃいけないし、成功はすべての会員のためでなければいけない。

企業で、いきなり人の上に立って偉そうにしてる人いますよね。きっと経験不足です。大企業の人が下請け先や制作会社に偉そうにしてるの見ますよね。あれも経験不足です。「偉い役職の人=現場の声を代表する顔役」なんですから、偉そうにできるわけがない。

私もエラそうにしてた事ありますよ。でも気づいた。一人称についても、「オレ」から「私」に変えて今は「僕」って言ってます。「子供っぽい社長だなあ」って思われても、「エラそうなヤツだなあ」よりいいじゃないですか。

息子の小学校のPTA会長やってた時に、他校のPTA会長で調子に乗って会議で個人の意見語ってたり、勘違いしてる人もいましたが、あれもまあ経験不足なんでしょうねえ。

そういえば総理大臣経験者の麻生太郎氏は、初出馬の最初の演説で「下々の皆さん」って挨拶したそうです。数年前でもカップ麺の値段は500円ぐらいと思っておられましたが、今はそんな発言しませんよね。みんな人の上に立って、失敗して変わって行くんだと思います。

安倍総理もそうでしたよね。前に総理になった時は、お腹痛くなってやめちゃった。でも今は立派なものですよね。人の上に立つという経験の重要性は、人の上に立った時の失敗や経験から実感するものだと思います。まだまだ自分は失敗を経験に活かせてないなあ。

人の上に立つってのは宴会やゴルフコンペの幹事にも似てますよね。居酒屋やゴルフ場には毅然とした態度で交渉しなきゃいけないけど、横柄な態度や失礼な態度があってはいけない。実際のパーティー時は、全員を存分に楽しませなきゃいけない。

人の上に立つってことは、部下の失敗や下請け先の失敗も自分の失敗と受け止め、みんなを喜ばせなければいけない。つまり「人の上に立つ=ボランティア精神の真価が問われる」ってことなのかも知れないと、なぜか今日の「松下幸之助 一日一話」から感じた朝です。


今日(2015年3月17日)のパナソニック「松下幸之助 一日一話」より

「修養に場所を選ぶな」

人は若い間の心がけのいかんにより、後にずいぶん差の生ずるものである。もし若い時代に自己実力の養成に励まず、修養に努めなかったならば、必ず後年、後悔するときがくると思う。

しかるに若い人の間で「この仕事は自分の性分に合わない、あの主任の下ではどうも働き甲斐がない」と、不足をもらす人がある。これは自己中心の物の考え方の弊害であろう。
真に自己の適所を見出すまでには、いろいろな経験を積まなければならない。

また性格、意見の異なった指導者の下で自己を磨くことによってこそ、かえってよりよく修養が得られるものであることを、深く知らなければならないと思う。

gq1023 at 06:34│
たばこを吸う人のマナーについて戦後70年を経てやっと戦闘機を開発