花粉症は国が補償するべき話しだパチンコ機メーカーの倒産

2015年03月13日

統一地方選で自民党は???

先般の衆院選で自民党が結果を残せたのは、とにもかくにも公明党の選挙協力のおかげです。それだけは間違いない。自民党は農家が支持母体って感じの政党でしたから、その支持を失ってる以上、非常に厳しいわけです。

しかし地方選は別。日本中にくまなくネットワークを持つ公明党。創価学会パワーで、日本中に地方議員を誕生させてます。創価学会票は全部公明党候補へと行きます。その結果、自民党は自力での選挙戦を余儀なくされるわけです。

だけど、このまま選挙戦に突入すれば絶対に投票率は低いんですよ。そうすると組織選挙になる。浮動票は聞いた事のある現職と、見た目が良さそうな人に流れるから、組織票を立候補者それぞれに割り振らないといけない。

労働組合票を持つ民主党はいいですが、自民党は悲しいもんですよ。とくに都市部だと何の後ろ支えもない。地域の重鎮や町会といった所を細かく回って頼み込むって感じでしょう。

そんな中、強気の自民党は立候補者を一気に増やす所もあるようです。いやー、それは自民党候補者間で票を食い合うでしょ。政治は継続が力ですから、現職が落ちて新人が当選しても意味がない。初心者の地方議員なんて、いるだけ無駄です。

とすると全員当選を目指すしかない。それなのに、まだ本気で頼んで来る感じがないんですよ。ちゃんと作戦立ててるのかなあ?また選挙直前に頼んでくるのかなあ。なんとなく、今後の展開に不安を感じてます。

gq1023 at 06:31│
花粉症は国が補償するべき話しだパチンコ機メーカーの倒産