捜査情報ダダ漏れバカ予算委員会

2015年02月27日

中間貯蔵施設

広範囲の除染作業で、放射性物質に汚染された大量の土や廃棄物が出ている福島県。自治体も住民もみんなわかってるのは、これを集積する場所は放射線の汚染レベルが高いエリアなんで、双葉町・大熊町・楢葉町に置かれることになる雲行きです。

とはいえ、最終処分場が決まってない。そもそも、プルサーマルとか言ってた時点で、最終処分場は決まってなきゃいけなかったのに、通常運用じゃ考えられないような大量の放射性廃棄物が出てきた。だって、地表から数センチの土を削り取ってるんですよ。えらいこっちゃです。

今は中間貯蔵施設って言ってますが、まあ最終処分場なんて一生できませんから、実質的な最終処分場ですな。広範囲に山積みにしてるより、1箇所に集めて集中管理したほうがいいに決まってますから、正しいことだと思います。

それにしても、難しい話しですねえ。とくに今、原発は1基も動いてないのに電気に困らない生活ができてる。国を挙げて原子力にまい進してたのは何だったんですかねえ?アメリカが「日本国民に核容認論を植えつけろ」と頑張った結果なんですが、すっかり逆の結果になってしまいました。

こんな小さい国なのに、核兵器は落とされるし、ビキニ環礁では漁船の船員が核実験で亡くなってるし、東海村では臨界事故で死者が出てるし、世界最大の原発事故もおきてる。核については運がない国ですねえ。

原発って複数基あるから、どれかがダメになっても電力の融通がきくんです。原発が動いてないってことは、発電所内の電源は全部外部から来てるってこと。原発は止まってても核燃料はあるんです。単純にあぶなーい!って感じ。

何よりも問題なのは、こんな大きな動きがある中で多くの国民が無関心なこと。関心をもって、政府にけん制するようなうねりにしていかないと、この問題はいずれ忘れ去られるんじゃないかと思ってます。まあ健康被害って形で何十年後かには話題になりますけどね。

gq1023 at 07:00│
捜査情報ダダ漏れバカ予算委員会