2009年10月27日のブログから)1985年が私に教えてくれたもの捜査情報ダダ漏れ

2015年02月25日

世界で最も子連れの電車乗車に寛容じゃない国・日本

e3d60c95.jpg韓国で、小さな子供を連れて電車に乗ったら、どんな満員電車でもわれ先にと席を譲る人が出て来ます。言っておきますが、あの中国でもそう。赤ん坊を抱っこしてる人じゃなくても、普通に手を引いてる程度の子供がいるだけで、席を譲られます。

そんなの当たり前なんですよ。日本がおかしい。今だに「満員電車にベビーカー折り畳まず乗るか?」なんてのが論議されるでしょ。ベビーカーが乗ってきたら、その分人が降りればいい。

そもそも、日本の大人は借金を子供の世代に押し付けて、のほほんと生きてるんだから、子供を見たら神と思えぐらいの状況なわけですよ。老人だけじゃなく現役世代もね。国に金がないのに、子供の世代が払う借金で健康保険制度を維持するとか、まさにキチガイ沙汰です。

優先座席に優先すべき人以外は座らないってことすらできない。日本には譲るべき人に席を譲ることができない国民が住んでるから優先席をしっかり設けていますが、それでも普通に優先されるべきじゃない人が座ってる。

子連れ乗車に対する理解度を高めることは、すべての国民マナーの向上につながる第一歩な気がするのですが、あんまりそんなマナーアップキャンペーンって見ませんよねえ。

あと5年ちょっとでオリンピックですよ。最低限そういったことができる国民性を持つようにしないと、「おもてなし」なんていえないんじゃないかと思ったりしてます。

gq1023 at 07:07│
2009年10月27日のブログから)1985年が私に教えてくれたもの捜査情報ダダ漏れ