漫画喫茶とコピーサービスソニーの未来

2015年02月19日

イエローキャブの思い出

bb3bd9f9.jpgあの巨乳プロダクションとして一世を風靡した芸能プロダクション「イエローキャブ」さんが、自己破産申請の準備に入りました。

私が業界入りした時にはすでに存在しており、細川ふみえ、かとうれいこ、堀江しのぶといった学園祭に人気のタレントを多く擁していたため、結構お世話になりました。オスカーのCCガールズとか、どこの事務所か忘れましたがTバックスとか、セクシータレントブームの頃です。

今、マッサンに出てる小池栄子さんはイエローキャブの所属。04年に野田社長がイエローキャブを離れサンズという事務所を立ち上げた時、彼女はイエローキャブに残った側でして、当時は競輪のイメージキャラクターでおつきあいがあったので、大変だったのを思い出しました。

1月末に、その小池栄子さんが個人事務所を設立したんですよ。なんでかなーって思ってたら、こういう連絡が入りました。佐藤江梨子さんはノックアウト所属ですって。ひえー、まさかの劇団東京乾電池じゃん!

ファッションブランドも、飲食店も、芸能プロダクションもそうですが、毎日毎日が勝負ですよ。ちょっとでも手を抜いたら全部ダメ。人気があっても続かないのは当たり前。一瞬でも誰かが手を抜いたらこうなるんですよ。

MEGUMIとか山田まりあとか、野田さんがイエローキャブを離れたときに、事務所を移籍したタレントさんも沢山いました。ただね、野田さんって一世を風靡した時代の渡辺プロ経験者なんですよ。レベルが違う。あの当時のナベプロでやってた人はすごいっすからねえ。

小池さんも結婚してるしNHKの連ドラ出てるし、佐藤江梨子さんは結婚&妊娠発表したばかりだし、所属タレントさんには問題はないのかも知れませんが、いろいろ考えることが多い発表でした。関係者のみなさん、この件については書き込みナシでお願いいたします。

gq1023 at 08:11│
漫画喫茶とコピーサービスソニーの未来