2020年に国と地方のプライマリーバランスをゼロに!?LINEやらフェイスブックやら

2015年02月15日

石油・ガソリン・天然ガス価格の急落

5847dd7a.pngこのグラフはWTI原油価格の推移(出典:http://ecodb.net/pcp/imf_usd_poilwti.html)です。ものすごい勢いで下落してます。西テキサス州でとれる原油で、ガソリンが精製できる高品質な原油のことなんですが、驚くほどの下落幅です。

昨日の日経新聞によると、天然ガスの価格も急落し、4年半ぶりの安値だそうで、前年同期と比較して6割下がってるそうです。

こうなると原子力発電の雲行きはおかしくなる。コスト面での優位性が失われ、CO2排出削減以外の論点がなくなるのです。もちろんエコカーもハイブリッドカーも必要なくなる。脱化石燃料の動きが鈍くなるのは当然のことです。

そもそもは、アメリカでシェールガスという堆積層から出てくる石油や天然ガスの抽出がはじまり、その効率がどんどん上がって来ていたことに起因してます。トウモロコシ等から抽出するバイオ燃料もそう。

これらは原油価格や天然ガスの価格が高くなっていたことで、高コストの燃料ではあるが回収できる見込みが出てきたわけで、放置しておくと従来の燃料と置き換えられる危険が出てきました。そこで供給源である各地が、旧来の原油価格や天然ガス価格を下げていると思われます。

それにしても、急激なアップと急激なダウンですねえ。この価格レベルが継続すると、電力メーカー各社は原発再稼動させないほうが利益大きいかもですね。まあ電気料金は原価に連動する仕組みなんで、燃料価格が下がれば料金も下がるのですが、一時的には利益押し上げ要因ですね。

個人的には「一時の4割まで原油価格下がってるのに、ガソリン価格って下がらないなあ」って感じてます。

まあ1リットル当たり53.8円のガソリン税が入ってますから、1リットル154円が124円になってれば、ガソリン本来の価格自体は100円から70円に下がってるわけで、3割下落してますが、もっと下がってもいいんじゃないのかなあ、って感じたりしてます。

gq1023 at 06:28
2020年に国と地方のプライマリーバランスをゼロに!?LINEやらフェイスブックやら