ストーカー被害朝から人身事故

2015年02月07日

ゴルフ場経営

最近ゴルフブームが来てるのですが、年明け早々に千葉国際カントリークラブが民事再生法の適用を申請しました。負債は約57億円。こちらはPGMホールディングス(東証1部)が、スポンサー基本契約を締結したことと公表されてます。

そして2月2日には伊勢原カントリークラブと大秦野カントリークラブを運営する東海開発株式会社が民事再生法の適用を申請。こちらの負債は87億円。こちらもPGMホールディングスの連結子会社であるパシフィックゴルフプロパティーズを通じて、当社との間でスポンサー支援に関する基本的に合意に至ったことを公表されてます。

同じ日、秋保カントリークラブと北上カントリークラブを運営していた株式会社チュウケイ本社が民事再生法の適用を申請しました。こちらの負債は30億円。

ゴルフブームなのにゴルフ場って倒産しちゃうんですね。昔から不思議なんですよ。ゴルフ場ってどうやって経営成立してるのか。あんな広い場所を削って造るわけでしょ。あんなに芝を管理するんでしょ。いやー、どう考えても儲からない。

よく「ゴルフ会員権買いませんか?」って言われるんですが、倒産したらパーでしょ。怖くて手を出せません。今年に入ってもう3件。このトレンドが続くのかを見極めたいと思います。

gq1023 at 06:19│
ストーカー被害朝から人身事故