喪中はがきに年賀状大雪襲来

2014年12月17日

備忘録(格差って何?)

4b3f96b8.jpg労働者層は経営者層から賃金をもらうわけで、経営者層が儲からなきゃ、労働者層にお金は回らない。つまり、そもそもの時点で平等ってのはないような気がするんです。

富裕層からお金を取り上げて、貧困層への支援が不可欠だとよく言われます。年収1億円以上の富裕層は232.7万人。厚労省発表の貧困率が16%だから月額10万円未満で生活してる人が2000万人以上。

すでに7割近くを奪い取られた富裕層から、さらに月額20万円奪い取ったとして、貧困層に配られるのが2万ほど。9万数千円が11万数千円になることが、何らかの解決になる糸口なのだとしたら、チャンチャラおかしいと思うのですが変でしょうか?

消費税10%導入時には所得制限を設けるべきだと言います。でも、所得を把握する方法がわが国にはない。しかも徴税行為を企業等に押し付けていて、国民の税に対する意識が非常に低い。

源泉所得税は国税で所轄税務署に収め、住民税は地方税で地方自治体に収め、社会保険料は健康保険料と年金に分けられてしかるべき所に払われる。こんな当たり前のことが、大企業に勤める重役ですら分からないのがこの国です。恥ずかしくないですか?

違憲状態と言われていた一票の格差を調整するために議員数が5減となった今回の衆院選。そもそも最高裁で違憲とされながらも選挙無効となってないから、国会議員が重い腰を上げないわけで、当選無効となったら変えるんじゃないの?司法も動かないとね。

国民の格差なんて偉そうなコメント吐く前に、1票の格差ぐらい是正してみやがれ!それが法律をつくる立法府がまずやることだよ。軍隊はありませんとか、バカみたいな事ばっかり言ってる状況じゃないと思います。

gq1023 at 06:03
喪中はがきに年賀状大雪襲来