果報は寝て待て/蒔かぬ種は生えぬ何かを頼むなら対価を払おう

2014年11月26日

業務実績とプライド

とある会社からの新規営業がありました。会社案内の業務実績には、明らかに数年前にやった私の仕事が写真とともに掲載されてます。「この看板は企画から製作まで弊社で実施しました」なんて言ってる。でも、その仕事は私が大手広告代理店から請け負った仕事です。

ちなみに広告代理店から請け負った仕事を、私の仕事ですということは私の場合あり得ません。広告賞を受賞して、名前が出ちゃった場合は言いますが、出てなければ賞を取っても人に言いません。あくまでも元請けの手柄ですし、そもそもは広告主の手柄ですから。

だから、「その仕事って私が企画して、それが採用されて社名は言えないけど、とある製作会社に発注した案件で、その製造過程も設置工事も私が立ち会ってるんですが、あなたの会社の実績と言ってる根拠を教えてもらえますか?」と尋ねたんです。

そしたら「そんなことはありません」と言う。理由はと尋ねると「弊社の会社案内に載ってますから」と言う。なので「おたくの社長と話しさせてよ、広告代理店のほうにも伝えておくから」という流れになりました。

そしたら出てきましたよ社長。「この看板の構造の企画をやりました」なんてウソをつく。一発目で腹が立ったので、「分かりました、御社が製造者責任上のすべての責任を負うってことですね。じゃあこの看板は自社が企画から製作を請け負って、事故があっても全責任を負うと一筆書いてください。書けば裁判になった時に証拠になりますからね。」と言いました。

そしたら謝りはじめた。目立ちそうな案件を探して、適当に写真をとって載せたそうです。いやー、腹立たしい。弊社は屋外広告物業者の申請をしていません。企画会社であってコンサルタントでありプランナーですから。工事業者じゃない。それはプライドですよ。

だから、工事業者は「プランナーじゃない。我々は安全第一で仕事するプロだ」って自覚とプライドを持って欲しいじゃないですか。他社のやった工事じゃ心配で、うちがやったなんて言えないってのが常識じゃないですか。

「あのCMはオレがやった」とか「あの広告はオレがやってる」っての、よく街で耳にしますが、常識の範疇で言うと、自分のやってる広告業務を私がやりましたなんて言う人いません。言っても5年や10年が経ってからの話しです。人に言うのがプライドじゃないですから。

「自信=プライド=自身」だとしたら、やってることは言わないですよねえ。集客イベントなら告知目当てでアピールしますが、請負仕事で業務実績にウソつくヤツがいることが信じられません。

gq1023 at 06:32
果報は寝て待て/蒔かぬ種は生えぬ何かを頼むなら対価を払おう