2015年参戦企画書会議欠席って大人のすることか?

2014年11月07日

日本は世界の中でどうなってしまうのか

537ffe95.jpgこれはヘイトスピーチとかじゃないですよ。昨年、ホンダのスターライダーが、英国スーパーバイク選手権(以下BSB)にサムスン・ホンダから出てました。清成龍一選手といいます。

彼は2010年に3回目のBSBチャンピオンを獲得しました。参戦はUKホンダから。ホンダ陣営のライダーとして、鈴鹿8耐を何度も制したライダーであり、海外での実績も豊富です。でも2011年にタイトルが取れず6位に終わると、BSBのシートを失いました。

やむなくBSBから活躍の舞台をアジア選手権に移し、しっかりとチャンピオンを獲得。そして昨年BSBに帰ってきました。もちろんチームはUKホンダ。

そのカラーリングがサムソンだったんですよ。世界の人は日本と韓国なんて同じ国だと思ってるわけで気にしないでしょうが、私が行く韓国クラブのママやお客さんは「日本ってUKホンダにお金が出せないぐらい苦しいんだ」と素直に感想を述べてました。

それでも、ビシバシ勝てばサムソンも継続してスポンサーになったのかもしれませんが、2013年シーズンは泣かず飛ばずの成績で、サムソンがスポンサーから降りてしまい、UKホンダ自体が参戦を取りやめ。今年はBMWのチームに移籍して、BSB年間ランキング2位でした。

ワールドワイドで活躍する日本人にすらサポートが出せない日本。サムソンが降りたらパナソニックやソニーが入るんじゃなく、チームも消滅しライダーまで海外メーカーに取られる始末です。

なんか悲しいですねえ。これが現実なんですが、昨年サムソンのカラーリングで走る清成選手を見るたび、日本が世界の中で落ちぶれて来ている現実を見ているような気がしました。

来年はホンダがF1復帰します。どんなジャパンマネーが支えるのでしょう?それとも他のアジアンマネーに押されて、ジャパンマネーはゼロなのでしょうか?

今や世界のレース業界では、レース参戦するためのシートマネー持ち込みは常識。日本人ライダーやドライバーがシートを獲得するには、大きなスポンサーの後ろ支えが必要ですが、なかなかに厳しいのが現実です。なんか悲しい話しですねえ。

gq1023 at 07:50│
2015年参戦企画書会議欠席って大人のすることか?