言われたことやらなきゃクビプジョーのモペットバイク

2014年10月30日

バイクのロードレースにいくらかかるか

相変わらず「バイクのロードレースにいくらかかりますか?」って質問されるんですが、細かく聞きたいのかザックリ聞きたいのかが分からない。

でも、間違いなく言えるのは、タイヤ代が1レースでフリー走行2回の予選1回の決勝で4セットだから24万円。テストが2日間で走行本数4本から6本なんで、5セットだと30万円。年間8戦あれば52万円の8倍がタイヤ代です。そう、タイヤ代で400万円!

ガソリンもオイルもブレーキパッドもチェーンも必要だから、タイヤを含めた消耗品だけで600万円ぐらいです。オイルはエルフのHTXってのなんですが、「elf HTX 5L」で検索してみてください。まあ5リットルで2万円以上します。これをジャブジャブ使う。

エンジンのオーバーホール用部品も高い。70万円以上ですよ。エンジンアッシーで完成してるエンジンを安く売って欲しいですが、そんなのないんで部品で買うとそんな値段になります。これに工賃がかかります。

来年からST600ってクラスにワンメイクタイヤというのが導入されます。これは、レース参加者のタイヤを1メーカーの1種類に限定するって試みで、1セット2万4千円。しかも予選と決勝で1セットづつしか使えないから5万円。今までより20万円ダウンです。

タイヤ代が年間で100万円以内になれば300万円以上浮くので、全日本ロードレース選手権が、グッと身近になります。バイク代とライダー&スタッフの人件費や交通費や宿泊代を抜いて、ザックリ300万ぐらいでできるようになるかもしれません。

でも転倒して修理代が発生したら、そんなもんじゃないですけどね。まあお金かかります。

言われたことやらなきゃクビプジョーのモペットバイク