日本カー・オブ・ザ・イヤー マツダデミオ数字を追うのが営業じゃない

2014年10月15日

正露丸は一般名称

e8ee5a4b.jpg有名な正露丸。CMやってるのはラッパのマークの大幸製薬ですが、他にも様々な会社から販売されてて、デザインもほぼ同じです。

コレに対して、大幸製薬が富山のキョクトウという会社に「自社のセイロガン糖衣Aと商品名やパッケージが似た正露丸糖衣Sを販売して損失を受けた」として告訴してたのですが、正露丸は一般名称であるとして退けられました。

そもそも日露戦争のときに、水が違うためにお腹をこわす兵隊さんが多かったので出来た薬と言われていて、大日本帝国陸軍が開発したものだそうです。だからロシアを征服するために「征露丸」と名づけられたそうです。

これが日露戦争後に民間企業での製造が認められて、一気に広まるのですが、名前を踏襲したからみーんな征露丸。第二次世界大戦が終了して、征服はあかんとなってギョウニンベンがなくなって正露丸になったら、またみーんな正露丸と名乗ってます。

それにしても、なんでこんな裁判やったんでしょう?クレオソートという殺菌成分のある薬剤を丸薬にしたのが正露丸。腸内で殺菌するから治ると言われていた効果も、今では大腸の過剰反応を抑え、腸からの水分分泌を抑制する効果から治るって事も分かってます。

「ラッパのマークの正露丸じゃないとまずい」って聞いたことありますよね。そうなんですよ、ラッパのマークはしっかりブランディングされてる。裁判した結果、最高裁が「誰がこの名前使っても良い!」ってお墨付きを与えたのは、よくないんじゃないですかねえ?

今に大手製薬メーカーから、「正露丸プラス」なんて商品が出て来て、大々的にCM展開されて、ラッパのマークのブランド価値が低下する日が来ちゃうんじゃないかと、他人事ながら心配してます。

gq1023 at 08:49
日本カー・オブ・ザ・イヤー マツダデミオ数字を追うのが営業じゃない