急な避難勧告にビックリ!プジョー208GTiのプロモーション映像

2014年10月06日

品川区長選挙 投票率23.2%

16b5a83b.jpg昨日、品川区長選挙と品川区議会議員補欠選挙がありました。投票率は衝撃の23.2%。当たり前ですが、こうなると組織選挙ですんで、どんでん返しはありません。

区長選挙は立候補者が2名。自民党推薦の「はまの健」さんが得票率75%で当選。日本共産党推薦の「原田やすお」さんが得票率25%で次点です。まあそういうことですよね。

同じく品川区議会議員補欠選挙は2名の枠に対して立候補者が7名。こちらも組織選挙になったので、自民党の「横山ゆかり」さんが得票率38%でトップ当選。次が民主党の「松永よしひろ」さんが得票率22%で当選となりました。

品川区の有権者数って30万人以上いるんですよ。それなのに、得票率75%で51,378票です。得票率38%って25,634票。得票率22%って15,073票ですよ。ダントツの区長ですら有権者の2割も支持集めてない。区議さんに至っては5%の支持で当選です。これでエエのんかい?

参政権ってのがあるなら、選挙への参加を拒否する拒政権ってのがあってもエエんちゃいます?投票率が低いってことは、政治がその機能を果たしてないってことですよ。期待外れの活動しかやってないってことでしょ。誰も期待してないから、誰も投票に行かない。

「区長や区議が何をやってくれてるの?」って事が分かってない。伝わらないから投票率が下がる。下がるから組織選挙になる。なんかつまんないんですよねえ。

もっとインターネット選挙の時代なんだから、「俺に意見を言ってくれ!」みたいなサイトを立ち上げて、返信も「貴重なご意見をありがとうございました」じゃなく、「あのババーが出来もしない事を言いやがって廃案にされた!」みたいな返事を国民は求めてる。

「オレは犬が大好きだ!だから保健所に文句言いに行ったんだ。だけど保健所の人はもっと犬が好きで、好きで好きでたまらないから何匹も引き取ってて、それでも限界があって涙ながらに殺処分してたんだ。法律が悪いんじゃない、保健所が悪いんじゃない、全部捨てる人間が悪いんだ。もっと広告費を使って、もっと命を守る活動をやらせてくれー!」

みたいなメッセージを発信できる人っていないのかなー?勝手ながら、政治ってのが、そういう方向に向かって行かないとダメだと思うんですけどねえ。

まあ、こんな組織選挙やってたら、また次の風が吹いたら全員オロオロして離党に結党を繰り返しますよ。「維新の次はヨシモ党」とか言って、西川きよし師匠が立ち上がって島田紳助さんとか出て来て、沖縄はガレッジで福岡は博多華丸でなんてあり得るでしょ。もっと、骨太な本気の政治をやってくれる人を望みます!

gq1023 at 17:21│
急な避難勧告にビックリ!プジョー208GTiのプロモーション映像