ちょと円安がひどいね何かがおきた時に撮影しないという選択の重要性

2014年10月04日

筑波選手権最終戦

今日は筑波選手権の最終戦を見に来てます。予選が終わったのですが、なんとST600クラスはトップが59秒190、J-GP3クラスは1分00秒379でした。2013年の全日本ロードレースの予選で言えば、ST600は予選18番手、J-GP3なら6位に入ります。

おそらくコース改修でもあって、全体的にタイムが上がってるんだとは思いますが、地方選手権のレベルが高い。しかも各クラスともに結構な台数のエントリーがあって盛り上がっていて、全日本ロードレース選手権も参加型になってるだけに、あまり変わらない雰囲気です。

以前の全日本だと、勝てば上のクラスや海外が見えたし、負ければクビって感じでしたから、まあピリピリしてたもんですが、今はホノボノとした空気が流れてる感じがするんですよ。平気でセッティング情報をライダー間で交換したりしてますよね。あんなの昔はなかった。

それはさて置き、来週ってMotoGPのもてぎラウンドですよ。今こそ筑波でPRするべきでしょ。ここの観客とレース参加者こそがお客さんですよ。MFJは来年度の会員増加を目指したPRやるべきでしょ。だって東京から一番近いサーキットの最終戦ですよ。なのに何もない。

なんかもったいない気がするんですよねえ。今日は鈴鹿でF1の予選やってるでしょ。コースマーシャルがよく集まってますよねえ。安全を考えると、国際大会がある日は、レースを開催しないとか考えても良さそうな気がしないでもないんですよねえ。

なんか、もう少しうまく組み合わさると盛り上がるような気がするんですが、私には具体策が思いつきません。悩ましい問題です。

ちょと円安がひどいね何かがおきた時に撮影しないという選択の重要性