レースとお金筑波選手権最終戦

2014年10月03日

ちょと円安がひどいね

2年前は1ドル80円を切ってたのに、ここ2ヶ月ほどで8%ほど安くなって1ドル110円レベルに達してます。FRBが0金利政策をやめれば、資金調達先がアメリカから日本になるので、日本円が買われて円安になるって構図です。

これを止めるには、アメリカが出して来た金利と同等レベルに日本も金利を引き上げるって話しをすることなんだと思うのですが、いろいろあって、日本が金利を上げるとは簡単に言えない状況があります。

1億円の投資は、1ドル80円だと125万ドル、1ドル100円だと100万ドル、1ドル110円だと90万ドルです。80円時代に投資して、海外拠点作った会社は、非常に安い投資で海外拠点を整備できたことになります。

しかし、海外で作ったものが日本より安くないと意味がない。ですが80円が110円ってことは、37.5%も円安が進んだわけで、1ドル80円時代に日本で1000円の部品が海外で800円で製造できていたとしても、今のレートだと1100円。日本のほうが安くなっちゃう。

その上、中国も東南アジアも人件費が高騰してますから、人件費が安いと言うメリットもなくなっちゃってる。昔は円安になると日本企業はボロ儲けでしたが、今はそうじゃないんです。

本田や日産の海外生産比率って80%超えてます。そうすると円安メリットってのは、円換算した際の決算利益だけで、日本の物を海外に売って儲けるって事にはならないのです。

ちょっと極端な円高だと、町工場も動かなくなりますよ。地金の値段が上がりまくってます。日経アルミ地金推移を見て下さいよ、年初より2割も上がってる。価格転嫁なんてできないですから、それだけ経営が圧迫されてるわけです。

もう少しゆるやかに動かして欲しいですなあ。金融当局さん。このままだと1ドル120円行きますけど、どないしますか?

gq1023 at 08:29
レースとお金筑波選手権最終戦