宮沢りえさんの母光子さん死去日本の総理大臣の英語

2014年09月26日

iPhoneが曲がる

857c36b6.jpgアップルコンピューターって会社の製品は、とにかく出てすぐ買っちゃいけないってのは何十年も前から常識です。すごいのがOSで、とにかく入れたら壊れる。ひどい時はデータが全部消える。これが伝統なんです。

今でこそましになりましたが、昔は普通の状態でもハードの電源を入れると、即座に写真のような「サッドマック」と呼ばれる泣いてるマックの絵が出てきて、起動できないなんてのが頻発してました。何十回も出てきたら、もう再インストールです。

あいかわらず今もiOSで同じことを繰り返してまして、新しいOSが出るたびにデータが全部飛んだり、バッテリーが一瞬でアウトになったりを発生させ、今回のiOS8では、公開直後にバグだらけで公開中止になりました。まあ恐るべき企業です。

それにしても今回の「iPhoneが曲がる」はお粗末ですねえ。モバイル機器ですよ。しかも部品の製造も組み立ても完全に外注なんですよ。製品の確認する部署って、当たり前ですが落下テストと応力テストでしょ。どの程度で壊れるかを見るのがメインですよ。

もちろんソフトのバグ出しやるのは当然ですよ。でもアップルはバグ出しやってんのか?ってぐらいバグだらけなのが当たり前。私のような昔からのユーザーは、ソフトのバグなんて怒りません。当たり前ですから。

ただ、曲がるのはアカンでしょ。「ジーンズの後ろのポケットに入れてるなら分かるけど、前のポケットで曲がるのはアカン」ってアメリカの記事に書いてありましたが、いやいや、前のポケットで曲がるのもアカン。アップルファンは、あまりに寛大すぎです。

ソニーなら、カセットサイズのウォークマンですら曲がらなかったでしょ。って言うか、携帯電話は曲がったらダメでしょ。どんな応力かけて検査やってるんでしょう?試作品のケース剛性が、量産品で出なかったんでしょうか?でも、製造ロットごとにサンプル抜き出して応力検査やるでしょ。

「薄くしたら曲がっちゃいました」ってのがすごいっすねえ。中国では何十万も出して買った人もいるようですが、何の補償もないんで、曲がったらおしまいってことですよね。いやー、このメーカーだけはすっごいなあ。もう20年以上のおつきあいになりますが、毎回ビックリします。

それもそうですが、こんなメーカーに負けてる日本メーカーもあきませんなあ。言ってる自分がiPadバリバリユーザーなんですがね。

gq1023 at 07:18│
宮沢りえさんの母光子さん死去日本の総理大臣の英語