アリババ上場だらけの1日秋の交通安全運動

2014年09月21日

大きな会社が立派な会社じゃない

ino本当に難しいんですが、大きな会社に入った人はなかなか辞めない。辞めたとしても、転職先も大きな会社ってのが多いんです。だから大きな会社に勤めた方々は、小さな会社の素晴らしさが分からない。

小さな会社の人は、なかなか大きな会社に転職なんてできないから、小さな会社にずーっといるか、小さな会社を渡り歩くかって感じになる。こちらはこちらで、大きな会社に転職しても、大きな会社で歯車の一つになるってのが上手くできない。

私の場合、社員数名の小さな会社に入って好き放題やって、その後50名ぐらいの中小企業で好き放題やって、大手企業で好き放題やって、女性問題等で退職して自営って流れです。ずーっと好き放題やってる中で、分かったことがあります。それは、人はやるべきことをやらないってこと。

自分でも何をやるべきかってのは分かってるんですよ。それは小さな会社でも大きな会社でも同じ。毎日アポ取って新しい人と会って自分の器を広げるってのが、仕事にとっても自分にとっても毎日の一番大切なことです。とはいえ、そんなの永遠にはできない。

ただ、小さな会社の時は周りの先輩も上司も、みーんな新規営業やってたんです。だから、週に2本程度の新規アポだと、「お前ちゃんとやれよー!」って怒られてました。それでも結構成約は取れてたんですよ。

そのノリで大企業行ってビックリしました。誰も新規営業なんてやらない。ちょっとアポ取ると嫉妬が入る。「お前誰に断ってアポ取った?」とか「その得意先は10年前に部長がやってたぞ」なんて感じ。しかも、ちゃんと会いに行く事になっても「俺も一緒に行くよ」なんて調子で手柄の横取りも図る。

ソフトバンクでも楽天でもベンチャーですよ。もちろんソニーだってトヨタだってベンチャー。ビジネスはベンチャーだと思うんです。問題は働いてる人の意識。「大手なら安心だ」なんてのはウソでしょ。本来は、社員数も拠点数も増えれば増えるほど働かなきゃいけない。大手のほうが大変なはずです。

ソニーが巨額の赤字を作ってます。うちの家から数分の所に本社があるのですが、まあ危機意識は見えませんよ。よくも悪くもノホホン。うちの会社なら、10万円の赤字ですら大騒ぎですがねえ、なんなんですかねえ。

個人的には大きな会社が立派な会社じゃないんだと思ってます。大きな会社にあるのは信用と資金力。でも動かすのは現場の人間です。「ヒポポタマスの大野です」って電話するのと「ソニーの大野です」って言うのでは、全然最初の信用度が違う。だったらその信用を活かして動けばいいじゃないですか。

クソみたいな零細企業のクソオヤジは、目の前の大企業の体たらくぶりを見ながら、「オッちゃんを入社させてくれたら、バリバリやったるけどなあ。」なんて、思ったりしてます。赤字は会社が作ってんじゃない、人が作るんだ。利益は会社が作るんじゃない、社員各自が作るんだ、バカヤロー!


「どんなに慎重になっても、どんなに想像しても、行動についての結果は、やってみなければわかりません。でも、結果を恐れて行動しなければ、なにも生まれてきません。行動を起こせば、また新たな選択が生まれてきます。でも、その行動や選択には責任もついてきます。あなたの行動は多くの人にも影響をあたえます。言い訳はひとつも通用しません。それでも歩きましょう。人生逃げ道なし。」(by アントニオ猪木)

gq1023 at 06:54│
アリババ上場だらけの1日秋の交通安全運動