有給休暇の取得促進って何の政策!?アリババ上場だらけの1日

2014年09月18日

24時間営業のコンビニフランチャイズ店オーナー

24時間営業のフランチャイズ店のオーナーになるってのは大変な事で、ようするに経営者になるんだけど、他人の看板と仕組みで商売をやるってことです。しかも寝ずにね。

サラリーマンを辞めてコンビニ店を経営するなんてのは、確実性があるように感じるかもしれないですが、自営業をやるリスクは何をやっても同じわけで、店をきれいに仕上げなきゃいけない分だけ、初期投資金額が大きく、さらにマージンを本部に取られるので大変です。

コンビニフランチャイズ店のオーナーミーティングを仕切らせていただいていた時期があったのですが、ほとんどのオーナーは大喜びしてます。本部と一心同体なんです。だけど、儲かってない一部のオーナーは怒ってる。その理由は「本部の読みと違う」「本部が近所に店を出した」ってなもんです。

でも本部からしたら「あんたの店の数字が悪いのは、あんたの努力不足だろ」ってわけだし、「近所に店を出されたというが、最初にあんたに打診したら断ったんだろ」って感じなんです。だって、本部社員はサラリーマンなわけで、数字なんて真剣に読んでないですよ。

最初に提示された数字を「話し半分」と考えて、月の収益が夫婦で働きまくっても15万円程度になることも覚悟しておかないといけない。

都内だとコンビニバイトの時給って平均1200円なんで、2人を24時間雇ったら月のバイト代だけで170万円以上ですよ。つまり毎日6万円の利益を出し続けて、やっとバイト代が払える計算。簡単な商売じゃありません。

もちろん家賃だって50万ぐらいは必要だし、光熱費も数十万円かかるだろうし、レジなどのリース代金も必要だから、バイト代以外の経費が150万だとすると、さらに毎日5万円の利益が固定費で吹っ飛ぶ。オーナーの利益なんて簡単に出ません。

コンビニの平均日販はセブンイレブンだけ計算方法が違うようで、他社より15万円以上も多いのですが、実態と違うと思われるので、ローソンやファミマの53万円が正しいとすると、利益率が20%で粗利10万円。まあ大変です。

儲けてるオーナーさんは日販70万円ぐらいの店を5店舗以上もやってたりします。まあウハウハですよ。そういう事例もありますが、全体としては結構大変だってことを理解して、スタートしたほうがいいと思います。

gq1023 at 09:33│
有給休暇の取得促進って何の政策!?アリババ上場だらけの1日