言い訳の前にやることやれ!北朝鮮日本人拉致事件

2014年09月13日

ソーシャルの時代

SNS全盛で、LINEやフェイスブックは当たり前になりましたが、まだ日本では普及途上って感じです。理由は分からないのですが、おそらく日本人ってのがソーシャルってのに慣れてないと言うか、そういうライフスタイルが苦手なんだと思うんですよ。

私はカナダに住んでたんですけど、当たり前のようにライフスタイルがソーシャル。友だちは平気で自宅に上がってくるし、冷蔵庫の物は勝手に飲む。日本だと絶対あり得ないでしょ。でもそれが常識なんですよ。それぐらいソーシャルライフになってる。ホームパーティだらけでしたからね。

中国って、ソーシャルスモークとかソーシャルドリンクってのが昔から一般的だったんです。今のソーシャルスモーカーみたいに喫煙者と非喫煙者の共存じゃないですよ。吸いたいときや飲みたいときは人にもすすめないといけないってものです。

日本だと、ガムやタブレットを食べる時ですら、人に勧めず自分だけ食べたりするじゃないですか。あれって国際的には非常識とされる地域がじつは多いんです。

例えば「夜中のメールって迷惑だと思いません?」なんて話しが出るのって日本らしいと思うんです。だって、どの人がいつ寝てるかなんてソーシャルライフでは分からない。昼夜が逆転してる人だっていっぱいいるって事が分からないんでしょうねえ。

そういう意味では、ワールドワイドにソーシャルの時代が来てるわけで、日本は基本的な文化の時点で時代に追いついてないのかもしれないと思うようになりました。

PTA活動とか町会活動でも「私は勤め人なんでできません」なんていう人多いですよね。でもそれって言い訳でしかなくって、近所づきあいはやりたくないっていってるわけでしょ。人のためにボランティアなんてやりたくないってことでしょ。

だって、ソーシャル用のSNSを小さなグループ限定の物にしてイジメに使うなんて、さすがに日本人じゃないと考え付かないですよ。さすがの脱ソーシャル度です。

ただ、グローバル時代にそれじゃあダメなんじゃないかなーって思ってるんです。こんなんでいいんですかねえ?インターネット選挙ですら自由化されない。一方のアメリカでは大統領選挙ですらネットで募金集めてガンガンSNS選挙やってる。正直、時代遅れなのは日本なんだろうと思ってます。

gq1023 at 05:23│
言い訳の前にやることやれ!北朝鮮日本人拉致事件