シリアで拘束されたかもしれない日本人の件デング熱の感染

2014年08月27日

オートポリスがオープンした頃

45f26760.jpgオートポリスというサーキットが九州にオープンした90年は、もうバブル末期でした。フットワークという運送会社やレイトンハウスという不動産屋がF1チームを持ってたりした時代です。

そのオーナーさんは不動産屋だという噂でしたが、実際のところはよく分かりません。ただ、ものすごいサーキットで美術館や高級ホテルも併設され、さらにオリジナルマシンが気が狂ったのかというほど用意されてました。

ベネトンチームのスポンサーになっていて、オープニングにチームが丸ごとやって来てデモランを実施。有名F1ドライバー勢ぞろいでカートレースやったり、アースウインドファイヤーのライブとか、なぜかヘリで武豊さんと小錦関がやって来るし、横須賀よしみも歌ってました。

93年のF1開催も決定、91年はFIA公認レースとしてSWCが開催され、シューマッハが優勝して、順風満帆に見えました。でも、工事代金払ってなかったんですね。レース開催なんてできるわけもなく、92年夏に債権者から訴えられて倒産しました。

私、オープニングでミニステージの漫才出演者を連れて行くというお仕事をもらっていたので10日間ほどいたのですが、サーキットの保有車両で模擬レースやるので出てくれと言われ、出ただけでお金がもらえるという超バブルも経験しました。

テーブルランド牧場と言う所が宿舎で、オーナーさんが映画影武者の主役の乗馬シーンをやってた方で、芸能界の事にも精通されてて、いろいろと厳しく、ちょっと抜け出して銭湯に行こうと思ったら、当時はオートポリスの横にオウム真理教の総本山があり「オウムは出て行けー」って言われて入れなかった記憶があります。

結局オートポリスのF1は開催できなくなったのですが、その開催権を手に入れたのが岡山県のTIサーキット。94年と95年にF1が開催され、2年連続でウェルカムレセプションの企画・運営・進行・管理を全部やらせてもらいました。

あそこもバブルでしたねー。津山鶴山まつりというお祭りがあるのですが、TIサーキットにティレルの87年型があって、それをお祭りのパレードで走らせたんです。道路使用許可もへったくれも分からないから、やっちゃいましたねえ。

あと、世界ツーリングカー選手権(ITC)も96年に開催が決定していて、岡山市内の桃太郎まつりで大規模な展示イベントやりました。交通規制開始から30分で巨大張り出しステージ作って、そこに本物の車両を乗せて、また撤去も同じ事をやるという大掛かりなもの。大規模なPRやった割りに、開催の融資が得られなくて中止になりましたけどね。

91年3月からの数年をバブル崩壊と呼ぶらしいですが、バブルのおかげでサーキットが出来て、そこのオープニングやビッグレースに関われて、さらに今も全日本ロードレース選手権で使わせてもらってるんだから、バブルもありがたいものだったんでしょうねえ。

久々に、オートポリスのオープニングで参加してくださった漫才師「パールピアス」のミワちゃんとフェイスブックでお友だちになったので、そんな時代の事を思い出しました。思えば90年って今から24年も前の話しなんですねえ。オッチャンも歳取るわけだ。

シリアで拘束されたかもしれない日本人の件デング熱の感染