キラキラ号の会社倒産と営業権譲渡カジノは厚労省!?

2014年08月19日

福島第一「凍結断念」「浄化装置稼動」「汚染水を海へ」

福島第一の地下の杭道を凍らせて、そこから汚染水を抜き取る計画は、杭道が凍らないので、そこにコンクリートを流し込むことになりました。でも、同じ手法の「凍土壁」は凍るはずだとウソぶいて、まだまだ継続するそうです。

地下に放射性物質が落ちていて、それが発熱してるってのに、そこに流れ込む水を凍らせるなんてよくも考え付きますよね。メルトスルーした核燃料がどこにあるかすら分からないんですよ。考えられないです。

地下水の浄化装置はもう建設しちゃいました。組み上げて浄化して海に汚染水を放出するためです。放出が既定路線で、先に工事しちゃってます。

でも、そもそも原発の手前で井戸から採取した地下水を、海に放出する事すら地元は反対してるのに、なんで汚染された水を浄化したら海に放出できると考えてるのか不思議でたまらない。もう3年も経ってるのに、話しが遅すぎますよ。

昨年8月のブログにも書きましたが、最初から分かってたんですよ。地元が反対しても、国が一度決めた方針は変わりませんから、反対して海への放水が見送られると、海への流出は続き、貯水タンクは増え続ける。まあそういうこっちゃです。

本当に困った話しですねえ。

gq1023 at 08:35│
キラキラ号の会社倒産と営業権譲渡カジノは厚労省!?