神戸フルーツフラワーパーク"コカコーラ・ゼロ"鈴鹿8耐参戦中です!

2014年07月23日

富岡製糸場の世界遺産登録

富岡製糸場が世界遺産に登録されて、観光客が大挙して押し寄せてます。もちろん観光バスの駐車場整備やお土産店や休憩コーナーの設置なども、一気に検討が開始になってます。はー、また白神山地や原爆ドームの再来です。

前にも書きましたが、世界遺産に登録してもらうってことは、ユネスコだけじゃなく、世界に対して「私達はここを永久保存することを宣言します」ってことであって、観光地のお墨付きをもらうって話しじゃないんです。

文化財を管理するなら、来る人は少ないほうがいい。今までどおりの開放エリアを維持しながら、大量に来る人をさばいて施設を綺麗に維持管理するなんて無理なんですよ。だから、ほとんどの文化財はチョイミセにしてるじゃないですか。

何十年に1度披露されますとか言ってるヤツですよ。ああいうネタを数十年分用意して、世界遺産登録から何十年も文化財としても観光資源としても活用し続けなきゃいけない。

富岡バブルみたいな話しに進んで行きかねないでしょ。そんなの綺麗に整備された場所なんて高崎にあるんだからいらない。京都駅見れば分かりますよね。ああなったらダメ。修学旅行生でも「ああ歴史ある京都の駅は素晴らしい」って思いませんよ。

観光バスを近くに停める必要性なんてないんです。バスを降りてから何時間も歩いたのに、その道すがらで本当に素晴らしい場所だと感じて時のたつのも忘れるようにするのが必要なことなんです。そういう考えに至ってない。

もう、既存施設の中で「歴史的価値(小)」なんて区分をして、「外観を維持しながら、空調を整備してゆっくりとくつろげる空間を整備する」なんて企画してるわけです。アホでしょ。エアコンなんていらないって。

「夏は暑く、冬は寒いこの場所で、日々女工達が日本を代表する産業であった生糸を製造していた」ってのが値打ちなわけですよ。別にこの場所にエアコンが効いた食堂があって、そこでだるま弁当食べたいわけじゃない。女工達が食べていた食事を再現してもらったほうが、よっぽどいいわけです。

つい最近までの中国がそうだったように、日本は開国後は安い人件費の国として世界の工場になってたわけです。だけど、過酷労働を要求する資本家が多すぎて、国が見本となる工場を建設したのが富岡製糸場ですよね。工場で日曜日お休みとか、社員食堂が用意されたりとかも、ここが最初じゃないですかねえ。

この辺りは、つい最近まで生糸が産業でした。生糸で儲けて博打するってのが基本。高崎に競馬、前橋に競輪、伊勢崎にオートレース、桐生に競艇ってな感じで、JR両毛線の沿線に全公営競技が揃ってます。

そもそも、両毛線って名前が毛でしょ。新聞社は上毛(じょうもう)新聞ですよ。桐生の文化会館なんて繭(まゆ)の形していて、名前がシルクホールです。そういえばパチンコの平和も桐生生まれです。虫に働かせて遊ぶってのが群馬の紳士だったんでしょうねえ。

世界遺産の意味をもう少し理解して、登録されたらボロ儲けじゃなくて、歴史ある寺社仏閣のように、何十年何百年と受け継がれる仕組みを自発的に構築してもらいたいと思います。

gq1023 at 05:53│
神戸フルーツフラワーパーク"コカコーラ・ゼロ"鈴鹿8耐参戦中です!