だるまさんがころんだあのサンスイが破産手続き開始決定

2014年07月15日

ORC200で637億円!?

86a750cb.jpg大阪市にはバブルの遺産が大量にあるのですが、今日のニュースは驚きました。だって、20年以上前にできたORC200というビルについて、大阪市が637億円払うって言うんですよ。

このORC200、私オープニングプロジェクトやってました。「キングコングあらわる」って本物サイズのエアーで膨らませるキングコングをビルの壁面にぶら下げたんですが、ビルが高層ビルすぎて下から見ると大福もちみたいになっちゃいました。

まあそれはええんですが、JR大阪環状線の弁天町駅直結で、50階建てクラスの高層ビル2棟と中層ビル3棟で構成され、マンション部分は億ションとして分譲され、高級ホテルやオフィスが入ってます。六本木ヒルズみたいな感じですね。

これ、市有地だったんですね。3ヘクタールもある市有地を、金融機関に信託制度を使って資金を出させて開発してたそうです。しかもその制度、信じられないことに銀行側に不手際がなかった場合は、損失が市から補填される形だったそうです。

無茶苦茶な話しですよ。お金を使うだけ使って開発して、損失が出たら市に被せる。そんな仕組みをつくった大阪市も資金を出した銀行もひどいレベルの話しです。

なんすかこの「信託法」って?1027億円しかかかってないそうですから、安く開発できてますよ。今どきちょっとしたショッピングセンター開発でも1000億円超える開発は山ほどあります。なのに利益が出ないし、大阪市への請求額が637億円ですよ。

1027億円の事業で637億円払えって、商売下手くそすぎでしょ。弁天町の駅前ですよ。赤字になっても損失補てんされるからええねんって感じだったんですかねえ。

ATCと呼ばれるアジア太平洋トレードセンターも1400億以上かけて開発されて、2004年まで20年間も赤字垂れ流し。社長が民間出身者に変わったらしっかり黒字になりました。OCATも同じ年から黒字化してます。やり方なんていくらでもあるんですがねえ。

なんでも、大阪市交通局が同じ信託制度利用したオスカードリームって複合施設でも、銀行に283億円を支払うことになったそうです。写真の地図がその場所です。超利便性の良い場所なのに大赤字。アホですねえ。大阪市にはまだまだアホな施設があります。さあ次はどこかな?

gq1023 at 08:18│
だるまさんがころんだあのサンスイが破産手続き開始決定