未来の年金試算について私にとっての年金問題

2014年06月08日

民主党ってまだあったのね

e447e137.jpgものすごく久しぶりに民主党のニュースが出てました。前原先生と海江田代表でもめてるって話しでした。いやー、この政党はまだもめてましたかー。いいですねえ、会社に社風ってのがあり、学校に校風ってのがあるのだから、政党に党風があってOKです。

「民主党と言えば内輪もめをペラペラ口外しちゃう党」ってのが党風だとすると、かなり結党からポリシーを守られてますねえ。そこを曲げないってのはアホな気がしますが、まあそれでも実在してるわけですから、私個人としては素晴らしいと思います。

それにしても、前首相の野田先生もそうですが、前原先生とか海江田代表とか、党内に友達の少ない人々が代表になりますねえ。仲間がいっぱいいる人は出て行っちゃう。そうですよねえ、内輪もめなんて面倒くさいですもんねえ。

野党再編の核は維新の会って言われてますが、石原グループとの分裂綱引きで、橋下グループはまさかの40名割れとなりました。石原さんに求心力があるのではなく、自民合流に興味がある層が沢山いるってこと。

平沼先生が中心となって、自民合流を目指すのでしょう。安倍総理は第一次安倍政権の時に郵政離脱組みを大量に復党させました。平沼先生も郵政離脱組の一人ですから、戻るのが当然の流れですね。ただ、同じ岡山の片山先生は橋下グループ入りです。どうしたトラさん!?

とにかく現実容認路線が基本ですよ。日本はアメリカの植民地と化しているけど独立国である。理由は、植民地を統治するアメリカ軍の駐留費用を全部日本政府が負担してるからです。普通の植民地なら、軍隊の費用は統治国が払いますからね。植民地以下の扱い。

軍の装備品はアメリカの3倍で買わされるのも当然。そりゃあ西側2位の軍事費になりますよ。しかも日本でライセンス製造してるでしょ。「アメリカで100円のコーラを、日本で造らせてもらって1個完成につき300円をアメリカに支払う」てのが今の日本です。いえーい、カツアゲだねー!しかもフル装備じゃない。

一方の中国は、1個買ったらあとはコピーで量産ですから装備調達費は安いもんです。現実は直視しないといかん。世界中の最先端エレクトロニクス会社の工場が中国に集まってるわけで、品質が悪いわけない。トヨタの主力エンジンだって中国製でっせ。

そういう意味でも、現実を直視しましょう。小さな街の小さな零細企業のオッサンである私の現実的視点では、「もう民主党は終わってる」です。

維新の会のボケ老人って称される人でも賞味期限は分かってたでしょ。「あっ、オレ終わってるな」ってね。与党になったことがある政党なら、もっと前に分からにゃいかん。とっとと、解党して再編してください。シャッフル、シャッフルー!

gq1023 at 07:02│
未来の年金試算について私にとっての年金問題