悪意のある散髪屋年金需給年齢75歳まで選択可能か!?

2014年05月11日

残業代 中小も5割増!?

じつは昨日書こうと思ったのですが、あまりに散髪屋に腹が立っていたので、今日になりました。これは、昨日の日経新聞1面トップ記事、「残業代 中小も5割増 長時間を抑制、政府検討 」に関してのものです。

なんと、アベノミクスは中小零細企業にも賃上げを求めるそうで、記事によると「2016年4月をめどに、月60時間を超える残業には通常の50%増しの賃金を払うよう企業に義務付ける」となってます。

アホらしくて笑っちゃいます。絶対に賃上げにならない。今は60時間を超える残業も25%増なんですが、それを倍に引き上げたら残業なくなるだけですよ。ちゃんと残業出ている会社自体が少ないのに、その出てる会社の単価を引き上げたら、その会社は残業を辞めさせるだけです。

80時間残業って1日4時間でしょ。実働8時間勤務って、朝9時出社で昼食1時間と午後4時に15分休憩を入れると午後6時15分までの勤務ですよね。そこから30分休憩して、午後6時45分から残業開始すると午後10時45分まで働くと4時間残業。もう深夜残業に入ってるから、午後10時を超えた45分は50%割り増しになってる。

とっくに大企業では、月60時間超の勤務については残業代は50%割り増しです。中小企業には猶予期間と言うことで許されてたんで、別に大騒ぎするほどの話しじゃないのかも知れませんが、私は残業の制度そのものに反対です。

私、広告代理店勤務時代、アイデアが出ないといってずーっと残業してる人を何人も見てました。これ残業に値するものですか?アイデアが次々とわいてきて、スピーディーに仕事を出来る人は、グダグダ残業してる人より賃金は安くて当たり前ですか?

普通に考えたら分かる話しでしょ。単純労働にしたって、トイレ清掃を例に挙げると、要領のいい人は次々とできるから、たくさんの掃除ができる。あかんヤツはトロトロして残業代が必要になる。どうします?残業を許します?いや遅いやつがクビになるだけです。

分かってないなあ。大企業だって、深夜残業を減らすために午後10時に電気が消える会社だらけです。あれ、一生懸命仕事やってる時にやられると、ものすごくしらけた感じになるんですよ。忙しいから残業してるのに、電気消されるんですからね。「ヤツ気スイッチOFF!」って感じ。

政府や国会議員たるもの、単なる票欲しさで労働者保護に動いちゃいかんですよ。国力を上げるには、今の制度の根本的見直しが必要って言ってるじゃないですか。週休2日制だってサラリーマン票欲しさに導入したでしょ。今や週休2日が小中学生にまで蔓延して国力低下になってますよ。

東南アジア各国に行って見て下さい。何十年も前から町の商店は早朝から深夜まで営業してます。理由は簡単、売れた分の利益が賃金だからですよ。できるだけ長く売ってるほうがいいに決まってますよね。バカでも分かる論理です。

共産国家じゃないんだから、労働時間で賃金もらえるなんて事自体がバカげてる。ソニーみたいに累損1兆円目前の大企業なんておかしいでしょ。たとえ大企業でも大幅な赤字なら、賃金や雇用を自由に変化させられないと、その先に待ってるのは破綻ですよ。

働きたい人が思い存分働ける環境を作るのが政府の役割。賃金を引き上げて、働きたい人から労働時間やヤル気を奪うのは、どう考えてもおかしいと思います。政府が雇用の流動化を進めておいて、流動化したら「企業に制限を」って動きになるのは、意味がわかりません。

gq1023 at 07:09
悪意のある散髪屋年金需給年齢75歳まで選択可能か!?