共同声明出せて良かった!レースシーズン開幕

2014年04月26日

出版社が危ない

一昨日の24日にビットコインのマウントゴックスが破産手続き開始決定を受けました。65億円もの負債をかかえての破産です。お金は帰って来ません。

それもすごいことなんですが、密かに出版社のインフォレストが事業を停止してます。なんといっても有名なのが「小悪魔Ageha」って雑誌。巻き髪、盛り髪の発信源で、ギャル系ファッションのリーダー的雑誌なんですが、発行部数が以前の10分の1近くらしいです。

通販会社でもあるので、雑誌を出して、そこに載ってるものを通販で売ってたから売上は雑誌収入プラス通販となるため、非常に多くの売上を上げてました。最盛期は70億円以上ですから。最終利益を5%としても3.5億円の利益があったはずです。

このインフォレスト、まさに潰れそうです。負債総額は約30億円以上と言われています。本屋さんがどんどん凸版印刷のグループになってますが、雑誌業界もどんどん合併が続いていますし、倒産も長期に渡って続いています。雑誌って読まなくなりましたもんねえ。

ツタヤ、ブックオフ、アマゾンと、出版業界には急激な環境変化が次々と訪れました。しかも電子ブックとスマホが普及したので、暇つぶしに雑誌と言う時間が急速に縮小してる。美容院や病院の待合室で雑誌見てる人って少なくなりましたもんねえ。みんなスマホ。

出版不況がはじまって15年。凸版印刷が出版事業から撤退したのは、せんだみつおさんが1年限定で二千田光雄になった2000年のことでした。上場してゲームまでつくってたデジキューブが自己破産したのも10年以上前ですよねえ。

音楽業界も劇的にシュリンクしました。あんな音質の悪いダウンロード音源で、音楽を楽しむ人がここまで増えるとは思いませんでした。本当に時代の変化とは恐ろしいものだと、戦々恐々としております。

gq1023 at 06:32│
共同声明出せて良かった!レースシーズン開幕