週休2日制と定年65歳制の普及生活保護の不思議

2014年04月17日

韓国の旅客船沈没事故

インチョンからプサンに向かっていた定期航路船が沈没した事故。元マルエーフェリーの「フェリーなみのうえ」のようです。

2009年に「ありあけ」って転覆してたでしょ。あの会社がマルエーフェリーです。昨日、その話をしてたんです。「ありあけって横波で転覆して沈没でしょ」ってね。そしたら、「今回のもたぶん元マルエーだよ」って言われました。本当かどうかわは分かりません。

それにしてもバランス悪い。水の下に浸かっている部分が小さいですよね。「ありあけ」もそうでした。荷物載せるために上を大きくすると同時に、浅い海でも航行できるように喫水線から下を薄くしてたのでしょうか?

船の利用者は、喫水線から下の部分は分かりませんので、船がしっかり建造されてることを祈るしかないわけで、なかなか難しい問題だなあと思った次第です。

中にはたくさんの修学旅行生が取り残されてるようです。朝9時すぎの事故の割には、予想よりはるかに多くの人々が取り残されていて、しかも船体が完全に逆になっているので、心配ですねえ。

まあプライドがあって、日本の自衛隊や海上保安庁の助けなんて借りないんでしょうが、1人でも多くの方が助かる事を祈ってます。

gq1023 at 07:12│
週休2日制と定年65歳制の普及生活保護の不思議