バブル景気が来るぞー!1000ccの新レギュレーション

2014年04月04日

今の65歳は10年後に75歳でしかないという事実

62af30ab.jpgアホでも分かると思うのですが、今65歳の人って10年後に75歳なんですよ。まだまだ生きてる。どないすんねん社会保障。消費税8%程度じゃぜんぜん話しにならん。

内閣府が2012年1月24日の閣議に出した「経済財政の中長期試算」では、2020年までに必要とされる消費税の引き上げ幅が16%だったと言われてたけど、あの時点で即座に消費税上げたとしても、オッチャンの読みでは19%ぐらいだった。これ、2020年にプラスマイナスをゼロにするだけですよ。過去の借金返済は別。

しかも、この年寄りはその後もずーっと生きてる。えらいこっちゃです。そうすると、一定の余力を持って国家の財政立て直しも考えると、消費税を25%ぐらいにすることを前提とした国家運営をする必要がある。

病院に年寄りが行くでしょ。「腰が痛いんですよなぜでしょう?」って言われた医者が、「年取ったからですよ。老化なんで、もう病院来ないでねー」なんて言いません。だって儲からないもん。「はいはい、電気あてときましょう。明後日も来てくださいね。湿布薬と痛み止めと胃薬出しておきます」ってな感じで、社会保障費がバンバン出て行く。

財務省は警鐘を鳴らしてますが、アホ国会議員は無視して「こんなんに金出せー」「あんなんに金出せー」ってやってます。そう言えばある総理大臣は「官僚は金がいるって言うと、どっかから調達して来る」って言ったそうです。アホか、借金じゃ!

よろしければ、税金について本気で考えてみてください。「もっと知りたい税のこと」ってパンフが財務省で作成されてます。とても熱心に日本の未来を考えて、多角的に官僚が検討して、国民に分かりやすく説明しているものです。「郵便番号・ 住所・氏名 ・電話番号・パンフレットの名称・数量」を「zeisei@mof.go.jp」にメールすると送ってくれます。

一番思ってるのは、このパンフを国会議員がちゃんと読まんかーい!ってことなんですけどね。
figure02_04

gq1023 at 08:11│
バブル景気が来るぞー!1000ccの新レギュレーション