最低賃金の上昇とブラック企業今の65歳は10年後に75歳でしかないという事実

2014年04月04日

バブル景気が来るぞー!

078a6a44.jpgバブル景気というのがあったのですが、まあ1985年から1990年頃だと思います。大阪で行われた国際花と緑の博覧会の頃に、バブルがピークに達して、1991年には急速に下降線を描きました。

健康ドリンクのリゲインは、平然とCMなのに「24時間戦えますか?」なんてキャッチコピーを展開し、宴会のカラオケでは週休ゼロ日を意味する軍歌「月月火水木金金」を歌って、「海の男の艦隊勤務」の艦隊の所に社名を入れて歌ったりしたものでした。

私がカナダから帰ってきたのが1990年。行ったのが1997年ですから、バブルはほぼ経験してませんが、バンクーバーの旅行社勤務時代に「シアトルまで行ってシャネルのスカーフ全部買う」とか「カルティエの三連リング買い占める」とか「到着直後に2千万円のロシアンセーブル買う」なんて人に遭遇しました。まあバブルってことです。

卒業旅行に海外スキーなんてのがはじまった頃です。カナダでカレー屋をはじめるというドラマ「ライスカレー」や、映画「私をスキーに連れてって」が人気で、私も現地に住んでる日本人でスキーをやるってだけで、お客様からモテモテでした。手は出しませんでしたが・・・。

今、その頃の空気を感じてます。お客様からの手土産の単価上がってますよね。発泡酒じゃなくビール買うようになったでしょ。会社の宴会が和民で3000円から、小洒落たバルで4500円とかになってません?携帯電話の2台持ちも増えてますよねえ。

あとは、やっぱ高額商品ですよ。なんといっても外車。バブル期の90年に22万台売れた輸入乗用車は、リーマンショック後に17万台を切りました。2007年26万台だったのにですよ。それが昨年は33万台超え。そう、確実に売れてるんです。

もうすぐメディアが「定番アイテムロレックス」とか「クリスマスはホテルのスイートで決まり!」ってやり出しますよ。だって40歳以上が金持ってる上に独身だらけですから。スキー場に行っても、サーフィン行っても、楽器やでもバイク屋でも40代だらけ。

とりあえず断言。絶対バブルがやって来る。言うだけタダの人は簡単でいいねーって感じですが、私は間違いないと勝手に信じてます。よーし、土地でも買うかー!

gq1023 at 07:58
最低賃金の上昇とブラック企業今の65歳は10年後に75歳でしかないという事実