おせんべい屋さん見事に消えたナゾのスマホキャッシュバック

2014年04月01日

国内航空会社のボーイング747全機退役

3cfacb33.jpgとうとう退役しちゃいました。私にとっては憧れの飛行機でした。バンクーバーに住んでる頃、カナディアンパシフィックエアラインってのが破たんして、カナディアン航空になったんですね。それで、それまで就航してたオレンジ色の747がなくなったんです。

日本とバンクーバーの間に直行便を飛ばしていたのは2社。それがJALとカナディアンでした。カナディアンの機材はDC10。写真の青の飛行機です。DC10の全長55mに対し、747は70mですからサイズが全然違う。圧倒的に74のほうが大きいんです。

これで、バンクーバーの空港に747を飛ばしてるのはJALだけになった。だから、旅行会社で勤めていた時代は、空港に行くとあの鶴丸の747がいつもいた。毎朝10時に到着する直行便CP004便とJAL012便のお客様をお迎えしてましたが、そのたびに本当に心強かったですよ。日本が頑張ってるなーって感じしました。

祖父が亡くなって、急に帰国しないといけなくなって、はじめてJALの国際線に乗りました。なんか、シート間隔が狭くて窮屈だったけど、日本語が自由に使えることに感動した記憶があります。

東京-大阪も何度往復したか分かりません。出張も海外も支えてくれたボーイング747。個人用のパーソナルモニターも、747ではじめて登場したんですよねえ。本当におつかれさまでした。とてもたくさんの勇気をいただきました。これからも、どこかの国で飛び続けてください。

gq1023 at 06:01│
おせんべい屋さん見事に消えたナゾのスマホキャッシュバック