正月三が日ウインターNAMMに行きたい

2014年01月04日

NMB48チームB競潺縫薀ぅ

38625780.jpg昨日、イオンモール幕張新都心で「NMB48チームB競潺縫薀ぅ屐廚箸いμ砧舛離ぅ戰鵐箸あったので、夜中2時に横浜での装飾物撤去作業を終え東京に戻って来て、少し寝てから5時すぎ海浜幕張着の電車で現地入りしました。

入場整理券は14時公演が9時から、16時半公演が11時だったのですが、すでに200人ほどは列が出来ていました。7時の時点では約700名ほどに達し、9時の整理券配布直前の時点では、定員800名に達しようとしていました。

そこに第一報が入りました。「理由は分からないが新幹線が止まっていて、タレントが着かないかもしれない」そして「まだ愛知県内ですでに1時間以上止まっている」とのこと。それ以上の情報がないまま、整理券配布が開始されました。

その後、有楽町駅付近の火災によって通信ケーブルが燃えて、東海道新幹線が全線ストップしていると分かりました。しかし、新幹線の中とは簡単には連絡がつきません。そして来場者入場開始の13時前についた連絡で分かったのは「新幹線は走り出していて静岡県内を走行中」というものでした。

そのままお客様の入場を開始。私はステージ上に立って今ある状況を説明しました。「有楽町駅での火災で新幹線が止まっている」「メンバーは午前中東京駅着だったのにまだ乗っている」「何時に着くか分からないが静岡県内を走行中」「14時のショーは16時半からにしたい」との旨のみの連絡でしたが、私達にできるギリギリのことでした。

「富士市内を抜けたらしい」との未確認情報もありましたが、浜松なら300km、静岡なら200km、新富士なら150km、熱海なら100kmです。東海道新幹線は数珠繋ぎになると、品川の手前から極端に遅くなって品川まで30分ほどかかることも多いですから、予断は許しません。

15時半お客様入場開始。メンバー一行は1時間の入場時間中にバスで現場に到着しました。何のヒマもなく衣装に着替え、ヘアメイクを仕上げてステージへ。ポテト少年団の菊池さんの司会で盛り上がる中、本番がスタートしました。

2回目の公演は18時半から。公演終了は19時をすっかり回っていました。ファンの方にとっては、9時の整理券配布から10時間。メンバーにとっては新幹線乗車から12時間。それも寒風吹きすさぶ野外のイベントです。自宅を出てから、みんな何時間が経っていたのでしょう?本当にタフだったはずです。

だけど、誰も文句言いませんでした。いや、メンバーは「こんなに待ってくれてるんだ」と言い、ファンは「こんな時に来てくれてアリガトー!」と叫んでました。誰も文句を言わないその姿をみて、エンタテイメントの奥深い魅力を感じることができました。

何度もこういうイベントで公共交通機関の乱れでタレントが遅れたりキャンセルってのは経験してますが、今回のイベントはファンとメンバーとの間で、何か困難を一緒に乗り越えたという共通の価値観が生まれたような気がしました。

最後になりましたが、そんな環境の中で司会としてステージに上がったポテト少年団の菊池さん。「おせーよ!」とか「お前いらねーよ!」って言われるのも覚悟してたと思いますがおつかれさまでした。ものすごく暖かいファンの皆さんの声に支えられ、菊池さんの部分も盛り上がり、ショー中で一緒に踊るシーンまでありました。

いろんな大きな仕事もやってますが、エンタテイメントの仕事を25年以上もやって来て、久々に感動させてもらいました。ありがとうございました。日々勉強ですね。

gq1023 at 08:14│
正月三が日ウインターNAMMに行きたい