マクドナルドの売上&利益低下が止まらない指示を出すものが将となり、指示を待つ者が兵となる。

2013年12月21日

イオンモール幕張新都心オープン

昨日、イオンモール幕張新都心がオープンしました。ららぽーとTOKYO-BAYやイオンレイクタウンに匹敵する巨大店舗で、貸床面積は12万平米にも達します。このオープニング作業をやっていて、痛感したことがあります。

それは、「商業専門ショッピングモールは戦場である」ってこと。最近で言えば、東京スカイツリーの下に「ソラマチ」ってモールができましけど、あれとは比較にならない。

だって、スカイツリーは持ち主の東武鉄道の貨物&電車操車場があった場所。そこにスカイツリー建てて、ショッピングモール建てても、そんなにリスクが高いわけじゃない。そもそも電鉄会社なので、定期券収入で経営維持できます。複合施設のショッピングモールや、ホテルの下にあるモール街などもそうですが、収益の柱が他にある所とは、根本的に違います。

でもイオンモール幕張新都心は、最寄り駅からの動線上にお店が無い。そもそも最寄り駅が徒歩20分。そこにこの巨大店舗です。商圏設定は広く、広域来場を見込んでいます。しかも、来た方には確実にお金を落としてもらう事が必須。

さらにイオングループの本社が目の前なので、フラッグシップモールとしての様々なトライもしなきゃいけない。偉い人も来るでしょうから、売るためだけに叩き売り的な展開をすることもできません。

テナント各社も、イオングループへ向けたプレゼンテーションの場でもあるので、力の入れ具合はハンパない!まさに戦場。360店の各店には、各社のトップ販売員たちが応援にかけつけ、売り場ではニコニコしてますが、バックヤードでは怒鳴り合いです。まさに戦場。

うちはイベント運営なんですが「テープカットってどこですか?」とか「三浦雄一郎さんのイベントって何時からですか?」って言われて「分かりません」なんて言ってるスタッフがいたりして、「コノヤロー!」なんて心で怒りながら、即座にニコニコ笑顔で「あちらです」とか「スポーツモールで22日の開催です」なんて対応しました。「フロアガイド覚えてないのに共用部に立つんじゃねー!ディズニーランド見習えよ!」なんて思いながらね。

今日ははじめての週末を迎えます。戦場の戦闘は激化することでしょう。とにかくはじめての週末を、無事に終えたいと思います。

gq1023 at 07:55│
マクドナルドの売上&利益低下が止まらない指示を出すものが将となり、指示を待つ者が兵となる。