Paul Walker交通事故死練習より演習

2013年12月04日

ヤマダ電機&エディオン赤字

昨年7月12日に書いたブログ「家電業界日本一という恐怖」が現実のものになってます。先月発表されたヤマダ電機の9月中間決算は23億円の赤字。前年同期が213億円の黒字でしたから、衝撃的なまでの下落です。純損益は41億円の赤字だそうです。

昨年7月に書いたのは、ヤマダ電機がベスト電器の買収を発表したタイミングでした。そのベスト電器は、昔家電量販店で売上日本一だったんです。でも日本一になった家電量販店てのは、ことごとく厳しい状況に陥ります。

今はビックカメラ傘下のコジマも日本一だったでしょ。神戸の星電社も日本一でしたが倒産して再建しました。マツヤデンキやサクラヤも倒産しましたよね。家電って大変なんです。現在2位のエディオンも赤字です。

先日、大井町のヤマダ電機にタイムシフト機能付きブルーレイレコーダーを買いに行きました。値札は13万5千円ぐらい。そこでネット通販サイトで価格を調べると、最低価格が9万3千円になってる。だから、正直にその価格を見せたんです。

そしたら「ちょっと上と掛け合ってきます」って言っていなくなり、5分後に「10万3千円の10%ポイントでOKです」といって戻って来ました。いきなり4万円以上もダウンしてます。

ネット通販ですよ。無店舗販売の価格に、店舗も店員もいるお店が対抗するって、異常じゃないですか?普通に考えたら無理なの分かりますよねえ。でも合わせちゃう。別の言い方すると、合わせないと売れないってのが現実なのでしょう。

まあ、消費税増税前の需要先食いがこれからはじまるので、下期はエアコンや冷蔵庫が売れて何とかなるでしょうが、消費税が上がった後の来年は、かなり厳しい状況になることが予想されます。

店員と店舗があるという価値をアピールできる販売方法の確立が、今こそ家電量販店業界全体に必要とされていると感じてます。

gq1023 at 06:43│
Paul Walker交通事故死練習より演習